無料の会員登録をすると
お気に入りができます

整理のプロが教える「それ捨てても大丈夫!」なもの7つ

インテリア

毎日の片づけを楽しく続けるためにできることをいつも考えている札幌に住む整理収納アドバイザーのサンキュ!STYLEライター渡部夏代です。

モノを捨てるのはエネルギーが要る

あなたは今モノを減らしたいですか?

モノに対して罪悪感があるからという場合もあります。モノへの思い入れもありますし、使いこなせなったという負い目がある場合もあります。

しかし、暮らしているとモノは常に家に入ってきます。その分出していかないと家の中はモノであふれてしまいます。

捨てるとき、ムダなエネルギーを消耗せずにすむとラクです。このとき、捨ててもよいモノという目安をつくっておくと捨てやすくなります。

モノの量を減らすために、次の2つの観点から捨ててもよいモノを7つのジャンルに分けてご紹介します。

「私が自分の生活のなかで、これは間違いなく捨ててもよいと思うモノ」「片づけサービスでお客様宅にご訪問して、捨ててよかったと仰っていただいたモノ」

1 傷んでいるモノ
2 サイズが合わないモノ
3 不ぞろいなモノ
4 もらったモノで気に入っていないモノ
5 修理すれば使えるモノ
6 多すぎるストック
7 同じ場所に複数ある同じモノ

後半に行くほど難易度が上がります。捨てられないと思う人は前半を繰り返ししっかり行うことをおすすめします。

1 傷んでいるモノ

毛玉が増えてしまった服は着るのが嫌になります

生地が毛羽だっている、シミがある衣類
欠けている食器
壊れている電化製品
出なくなったペン
錆びている刃物

これらは明らかに捨てていいモノです。傷んでいるモノを我慢して使うのはやめましょう。自己肯定感を下げてしまうことにもつながってしまいます。

2 サイズが合わないモノ

衣類や靴全般
自分の荷物の量に合わない小さいバッグ
サイズが合わないと不便です。靴なら靴ずれが起こってしまいます。妙にぶかぶかの服も見映えが悪いですし、動きにくくなります。使うたびにそういった不便を味わうのはストレスです。ストレスの原因になるモノは取り除きましょう。

3 不ぞろいなモノ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ