無料の会員登録をすると
お気に入りができます

子供三人に必要な月々の教育費って?効率的にお金を貯める方法を紹介

子育て

子供が三人いると、気になるのがお金の問題ではないでしょうか。毎月のやりくりだけでも大変ですが、子供それぞれが希望する進路を実現するためには、必要となる教育費を理解して貯蓄を増やすことがとても大切です。

そこで今回は、子供三人にかかる月々の教育費と、お金がかかる時期に備えて効率的にお金を貯める方法を紹介します。

子供三人にかかる月の教育費って?

文部科学省のデータをもとに、公立で小学校から大学まで1ヶ月にかかる教育費を見ると、小学校が約3万、中学校が約4万円、高校が約4万円、大学では約7万円かかるという結果となりました。

この教育費は一人分になるので、子供が三人いた場合は、単純に考えて3倍のお金が必要になります。教育費がもっともかかる大学までに、しっかり貯蓄できているかが大きなポイントになりそうです。

養育費の貯め方

月にかかる教育費がわかったら、次は効果的な貯蓄方法を紹介します。貯金は日々の積み重ねなので、できることから始めてみましょう。

貯金の目標金額を決める

まず、始めにすることは子供一人に対しての貯金の目標額を決めることです。公立か私立かでもかかる教育費は異なりますが、高校を卒業するまでに一人300〜500万円が目安。

子供三人いた場合は、総額で900万円〜1,500万円を用意しておくと、大学に進学することになっても安心です。

教育費専用の口座を作る

子供一人分の貯金目標額が決まったら、教育費専用の口座を開設しましょう。できれば、一人ずつ子供名義の口座に分けて貯蓄するのがベスト。

どれくらい溜まっているのか分かりやすいだけでなく、それぞれの子供に使った支出も把握しやすいので管理する負担も軽くなるはずでしょう。

児童手当も使わず貯金

子どもが中学生になるまで、児童手当が支給されます。大きなお金ではないですが、貯金に回すことで、子供が中学を卒業する頃にはおよそ200万円ほど貯まります。

児童手当はなるべく使わずに、子供の将来のために貯金することで目標金額に達しやすくなるでしょう。

ジュニアNISAを活用する

ジュニアNISAの存在を知っていますか?ジュニアNISAとは、子供の将来に向けた資産形成をサポートするための非課税の投資制度。未成年であれば、0歳からでも利用できます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ