無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう悩みたくない!子供の献立を考える時のポイント

子育て

日々のお子さんの食事作り、皆さんどのようにやりくりされていますか? 作る時間はもちろんですが、実は意外と時間がかかったり頭を悩ませるのが「献立の立て方」ではないでしょうか。

毎日どんなメニューを食べさせれば良いのか、作る時間がない日はどうすれば良いのか、自分の作るものと子どもが食べたがるものが違う…などさまざまな悩みがあると思います。

どのように献立を考えれば良いのか? ちょっとしたポイントをお伝えしたいと思います。

基本は一汁二菜

その日によってどんなメニューにするかは変わりますが、基本的に栄養バランスを考えるのであれば和食が献立を組みやすいです。そして意識するのであれば「一汁二菜」を。

「主食」…ご飯や麺類(炭水化物)

「主菜」…肉や魚など(タンパク質)

「副菜」…野菜(ビタミンミネラル)

「汁もの」…主菜と副菜の栄養を補う

というバランスで考えてみて下さい。これさえ意識すれば栄養バランスが整い、自然と使う食品数が増えるので偏りを防ぐことができます。また、主食やおかずを一緒に食べると、口の中で料理を混ぜあわせる「口中調味」を体験することができるので、味の深みや幅を広く感じるられるようになり、味覚を養うことができます。

献立を決めやすい流れとしては、まずメインとなる主食を決めてから主菜副菜汁物 の順です。

迷ったらとにかく旬の食材を取り入れる!

その時期に店頭にたくさん出ていて、比較的値段も手ごろな食材が旬のものと言えます。旬の食材は水分をたっぷりと含み旨味を感じやすいので、小さなお子さんでも食べやすいのです。そのうえ、その時期に必要な栄養素がたっぷり入っているので、効率よく栄養を摂るにはもってこいなのです。

栄養の考え方

本的に必要な栄養素はエネルギー源となる「炭水化物」、体を作るもととなる「タンパク質」、体の調子を整える「ビタミン・ミネラル」の3つ。このバランスをどう考えるかですが、まずはエネルギーとなる炭水化物を全体の50%くらいの量で考えます。そして残りの50%をタンパク質とビタミンミネラルを半分ずつで摂取というイメージです。もちろん量を毎回測る必要はないので、だいたい目で見てこれくらいのバランスかな?というのを意識してみてください。

朝昼晩のバランスは?

基本的に量のバランスは同じで良いのですが、中身は少し変えると体の調子が整います。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ