無料の会員登録をすると
お気に入りができます

旬の鮭を子ども向けにアレンジ! 鮭×マヨネーズのメイン5選

レシピ

鮭はいつでもリーズナブルな価格で手に入る身近な魚。特に9月末から11月にかけて獲れる鮭は「秋味(アキアジ)」と呼ばれ、高い人気を集めています。今回はそんな旬の食材をマヨネーズでアレンジしたメインディッシュを5つご紹介。まろやかな味わいなので、子どもがいる家庭にもうってつけですよ♪

とりむね肉なのにパサつかない!? しっとり食感のとり肉×マヨ料理5選(画像1/5) - レタスクラブ https://www.lettuceclub.net/news/article/1004783/i10033173/

鮭とブロッコリーのマヨあえ

【材料・2人分】

塩鮭(甘塩) 2切れ(約200g)、ブロッコリー 1/4個(約80g)、合わせだれ(レモン汁 小さじ1/2、マヨネーズ 大さじ3、砂糖、トマトケチャップ 各大さじ1/2、しょうゆ 小さじ1/4)、酒、片栗粉、サラダ油

【作り方】

1. 鮭は酒少々をふり、約5分おいてなじませる。ブロッコリーは小房に分け、耐熱容器に入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジで約1分30秒加熱する。ボウルに合わせだれを混ぜる。

2. 鮭の汁けを拭き取り、4等分に切って片栗粉を薄くまぶす。フライパンに油大さじ2を中火で熱し、鮭を並べて両面に焼き色がつくまで約3分焼く。

3. 1のボウルに2、ブロッコリーを加えてあえる。

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(493Kcal、塩分2.4g)

鮭に片栗粉をまぶしておくと、焼き上げたときの“カリッと感”がアップします。鮭を調理したら、電子レンジで加熱したブロッコリーとあえるだけで完成。レモン汁やマヨネーズを使った合わせだれが、食欲を否応なしにかきたててくれます。

鮭の明太マヨ焼き

からし明太子とマヨネーズを組み合わせた“明太マヨ”が絶妙な味わい。鮭の加熱は電子レンジでOKなので、気軽にチャレンジできるはず。

鮭のごまマヨ焼き

ごまマヨソースに隠し味としてわさびを加えるのがポイント。鮭にソースをぬって蒸し焼きにすれば、新鮮な味わいを堪能できます。

鮭とアスパラの豆板醤マヨ炒め

マヨネーズに豆板醤を加えた合わせ調味料が味の決め手です。ピリ辛マヨネーズの風味で、ご飯が進んでしまうこと間違いなし。

鮭とれんこんのピリ辛マヨ炒め

鮭はあらかじめフライパンで焼き、だしのきいた漬け汁に入れておきます。あとはれんこんと一緒にサッと炒めるだけでできあがり!

鮭の切り身は深みのある赤かピンク色で、身がふっくらと厚いものを選ぶのがおすすめ。時間が経つと身が白っぽく変わるので、注意して購入するようにしてくださいね。

文=田中律

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ