無料の会員登録をすると
お気に入りができます

献立は毎日考えない!共働き夫婦がやめた4つの家事

ライフスタイル

料理ブロガー&ヨガセラピスト。共働き夫婦で1LDKの賃貸マンションに2人暮らし中のサンキュ!STYLEライターのぞみです。

夫も私もフルタイムで仕事をしています。2人一緒の休みは週1あるかなという状態のため家事も夫と私でシェアしています。

結婚当初は、仕事も家事もキチンとやりたいという思いはありましたが、仕事が終わりクタクタに帰ってきた夜遅く『この家事やらなきゃいけないの?』とテンションだだ下がり。

ある日、別に頑張らなくても、やらなくていいことはやらなくていいんじゃないかと思い始めたところで気分も楽になりました。

そこで、私たちがやめた家事4つをご紹介します。

洗濯物はたたまない

今まで洗濯した洋服をハンガーに掛け、室内乾燥機で乾かした後に、乾いたところでもう一度ハンガーから外し、キチンと畳んでクローゼットにしまっていました。

しかし、この時間が無駄なことに気がつき、ハンガーに掛けて干した洋服はすべてそのままクローセットに掛けてしまうことにしました。

これで一気に洗濯物を畳む時間が省け楽になりました。

厚手のふかふかタオルの使用をやめました

厚手のふかふかバスタオルは、お風呂上がりの使用感は気持ちがいいですが、我が家のような室内乾燥機の場合、乾きが悪く仕事から帰ってきて洗濯物を畳もうと思うと半乾き…。

そんな日々が続き、毎回その半乾きにイラっとしていました。

そこで、厚手のふかふかタオルを一層し、薄手でサイズも小さめのバスタオルに変更したところ、半乾きでイラっとすることもなくなりました。

「つくりおき」をやめました

『つくりおき』の流行りに便乗して、休みの日に時間をかけて1週間分のつくりおきをしてみました。

しかし、休みの日にわざわざ長時間かけてつくる手間と、我が家の小さめな冷蔵庫につくった物を無理やり入れ込み、ギチギチの冷蔵庫の中から毎日「あれどこにあるかな?」と物を出したり入れたりする作業に疲れてしまいました。

そこで、1週間分のメニューをある程度決めてメニュー表を作成。買い物は2〜3日に1回ペースで仕事帰りにスーパーに行っています。必要なものだけ買って帰り、決めたメニューでつくることにしました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ