無料の会員登録をすると
お気に入りができます

縫わなくてもできる♡ランチョンマットでつくる「クラッチバッグ」

素材や柄が豊富で端がきちんと縫ってあるランチョンマットは、DIYにぴったり!畳んで接着剤で貼るだけで、クラッチバッグにリメイクできるんです。今回は、詳しい作り方とアレンジ集をご紹介します。

2017年6月
DIY

夏らしいクラッチが欲しい♡

夏になると欲しくなるのが、華やかで可愛い小物。ランチョンマットをリメイクして、少し存在感のあるクラッチバッグを作ってみませんか?

手作りといってもお裁縫の必要はないので、とっても簡単に作れますよ。早速詳しい作り方を動画でチェックしてみましょう。

クラッチバッグを縫わずに作る方法

いらなくなったベルトも再利用♡

一番簡単なのが、レザーなどハリと厚みがあるものを使ったやり方です。お好みの位置で畳んだら、接着剤を塗ってクリップで固定しておきましょう。真ん中にベルトを貼りつけて、適当な長さでカットすれば完成です。

薄い素材には裏地を付けて

薄いものや編み素材は中身が見えないように、裏地を付けておきましょう。スタッズなどの飾りを加えたいときは、最初にランチョンマットに取り付けておいてくださいね。

ランチョンマットよりも5cmほど大きめにカットし、余った部分を内側に折り込んで布用接着剤で貼ります。先ほどの作り方と同じように全体を折って接着剤で固定し、マジックテープを貼りつけて仕上げましょう。

円形マットでも作れる!

円形のものは両端をぴったり合わせるのが難しいので、少し折っておきましょう。綺麗なシルエットになりますよ。

やっぱりストラップも欲しい!

www.etsy.com

クラッチバッグはお洒落だけど、長時間持っていると手が疲れますよね。ストラップを付けられるようにしておくと、もっと使いやすくなりますよ。この部分は負荷がかかるので、接着剤ではなく縫うことをおすすめします。

手作りクラッチのアレンジ集

水に強い素材ならアウトドアでも◎

Pin it
ピンもと: bywilma.com
1

海やプールで遊ぶときや雨の日に活躍するのが、塩化ビニール製など水に強い素材のクラッチバッグ。これなら中身も濡れないので安心ですね。

テープを貼るだけでお洒落なアクセントに

ランチョンマットを畳んだだけでは物足りなく感じたら、ビニールテープやバイヤステープをふちに貼ってみましょう。簡単ですが、ガラリと印象が変わります。

ポンポンテープで簡単アレンジ!

www.etsy.com

手芸屋さんにある「ポンポンテープ」を接着剤で貼りつければ、さらに夏らしいバッグになります。テープは色と大きさが豊富なので、イメージに合わせて選んでみてくださいね。

カゴクラッチも作れる♡

www.etsy.com

籐素材のランチョンマットを使えば、かごクラッチも作ることができます。鮮やかな色合いのチロリアンテープや大きなコサージュなど、少し派手なデコレーションが似合いますよ。

巻きすで和の雰囲気に♡

しっとり落ち着いた和の雰囲気にしたいときは、ランチョンマットの代わりに巻きすを使ってみましょう。そのままでは端が肌に当たるので、バイヤステープなどで包んでおいてくださいね。

タッセルで派手カワアレンジ!

www.etsy.com

もう少し華やかさが欲しいなと思ったときは、タッセルをたくさん付けてみてはいかがでしょう?カラフルな刺繍糸で作ると、存在感のあるクラッチに変身します。

大きめポンポンでイメチェン

www.etsy.com

家にあるランチョンマットの色や柄が好みでないときは、大きなポンポンで全体を覆うという方法もあります。夏に毛糸は少し暑苦しく見えるので、コットン糸で作ってみてくださいね。

ポンポンの作り方

縫わずに作れる簡単DIY!

www.etsy.com

バッグを手作りするのはハードルが高そうなイメージがありますが、シンプルなフォルムのクラッチバッグなら意外と簡単に作れますよ。アレンジするとさらに可愛くなるので、ぜひ試してみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ