無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目指すは心地よい暮らし!子3人ワーママがやめて楽になった家事15選

ライフスタイル

小学3年生の双子女の子と3歳の男の子の3人の子持ちワーママで、サンキュ!STYLEライターのkaehalonです。

家事は仕事と違って、やってもやってもなくなっていかないですよね。そして完璧にやろうと思うと本当に際限ないくらいやることがあるのです。子育ても加わると、毎日ループしているような気がして途方に暮れたことも。

これではダメだと思って、いろんな家事を見直しているうちに、自分時間もしっかりと確保できるようになりました!私が丁寧な暮らしより心地よい暮らしをめざして手放した家事15選をご紹介します。

食事編

・作り置き
・時間のかかる料理
・献立を考える

料理は嫌いではないですが、私にとってはとくに楽しみも感じない家事の1つ。30分以上キッチンに立っているとそれだけで疲れてきてしまいます。そこで私が手放したのは作り置き。まとめて作るよりも毎日作るほうが苦でなかったのです。そして時間のかかる料理も諦めました!無理にがんばって作らなくちゃという気持ちを手放して、平日3日間はOisixのキットを利用。残りの日はカレーやハンバーグなどの定番料理で乗り切ることにし、献立を考えることを手放しました!

キッチン編

・液体調味料の詰め替え
・台拭きの管理

液体調味料は詰め替えをしようとすると液だれしたり、ボトル容量とピッタリのものでないと二重管理となり手間に!台拭きはすぐに汚れていき、衛生管理が手間だったりします。そこで液体調味料はそのままのボトルで、布巾はやめて洗って使えるペーパータオルに切り替えたら、管理がとっても楽になりました。

洗濯編

・洗濯ものの分類
・柔軟剤の管理
・バスタオルの管理
・洗濯ものをたたむ

洗濯は嫌いではないですが、工程が多く、かかる時間が長いのがネックとなる家事。少しでも時短するために、洗濯ものは分類しない(オシャレ着洗いが必要なもの、シワになりやすい素材の服は買わない)、柔軟剤は使わない、乾くのに時間のかかるバスタオルは使わない(ビッグフェイスタオルで代用)、洗濯ものは極力畳まない(そのままハンガー収納またはカゴに掘り込み収納)にしています。

掃除編

・平日の玄関掃除
・平日の床掃除
・平日のトイレ掃除
・平日の風呂床掃除

掃除はそれこそ際限のない家事。やろうと思えばどこまでも時間をかけて丁寧にできてしまいます。平日は時間がないので割り切って、床掃除はお掃除ロボットにお任せし、玄関、床、トイレ、風呂床は気になった場所のポイント掃除をすることにして平日の念入りな掃除は手放しました。気になる掃除は土曜の午前中に家族みんなでやることにしています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ