無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「くびれ」を作るおうちトレーニングで、美しい曲線をとり戻そう!

ビューティ

正しいフォームで“くびれ筋”をピンポイントで鍛えて!

外出機会の減少による運動不足で、「くびれがなくなった」と嘆いていていませんか?

「くびれを作る筋肉は、『わき腹を縮める』『上半身をねじる』という動きで鍛えられますが、いずれも日常生活であまりしない動きですよね。それに、これらの筋肉は小さいので、意識して使わないとなかなか鍛えられません。正しいフォームでトレーニングをし、ピンポイントでしっかり鍛えていきましょう!」

さっそく、八木さん厳選の3つのメニューをご紹介。美しくくびれたラインをイメージしながら、正しく、効果的に鍛えましょう。

サイドシザーズ

両脚を持ち上げ、ハサミのように交差させるトレーニング。体を床に対して垂直にし、大きく脚を動かしましょう。

<1>
体の右側を下にして床に横になります。
右肩の下で右手〜右ひじを、胸の下あたりで左手を床につき、上体を少し起こします。
左右の脚は上下に重ねてそろえます。

<2>
ひざを伸ばしたまま、左脚を持ち上げて右脚から離します。
左脚は床と平行になる高さくらいまで上げましょう。

<3>
右脚を床から離し、両脚を持ち上げた状態で再びそろえます。

<4>
両脚を持ち上げたまま、右脚を前方、左脚を後方に伸ばし、脚を大きく開きます。

<5>
脚をクロスさせて、今度は左脚を前方、右脚を後方に伸ばし、大きく開脚します。
<4>〜<5>を10回くり返したら、体の左側を下にして同様に行います。これを2セット。

サイドクランチ

横に寝た姿勢で、手脚を持ち上げ、わき腹を収縮させます。体を前後から板で挟まれているようなイメージで、体を前後に倒さずに行うのがポイントです。

<1>
体の右側を下にして横になります。
両腕は頭の先に向かって伸ばし、両手を合わせます。
脚は上下に重ねてそろえます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ