無料の会員登録をすると
お気に入りができます

インスタで大人気♡残り物でも美味しい「#もりもり野菜サンド」

今も昔も変わらず人気のサンドイッチ。毎年ニューフェイスが登場し、作るのも食べるのも楽しいですよね。ここ最近、Instagramで大注目浴びているのが「#もりもり野菜サンド」です。味はもちろんですが、そのインパクトにゾッコンなんです!

2017年6月
レシピ

これが「もりもり野菜サンド」

これでもか!と野菜をモリモリ挟んだものが「もりもり野菜サンド」なんです。パンよりも挟む具の方が何倍も分厚いフォルムが特徴です。「わんぱくサンド」も流行っていますが...

その違いは野菜の量。今回ご紹介する「もりもり野菜サンド」は、メインが野菜なのでボリュームのわりにヘルシー。女性も安心していただけるサンドイッチです。加えてフォトジェニックっぷりも文句ナシなんです。

Media?size=l
instagram.com

その人気ぶりは、雑誌で特集が組まれたり、Instagramでも「もりもり野菜サンド部」があるほどなんです。そこで、今回はこのサンドイッチのフォトジェニックっぷりをご紹介したいと思います。

めちゃウマなホットサンドが焼ける“Bawloo”が万能すぎる♡

寒い日に食べるホットサンド、最高に美味しいですよね。このホットサンド、トーストしたパンで具材を挟むのもアリですが、ホットサンドメーカーの「Bawloo(バウルー)」で作ると劇的に美味しい!とウワサなんです。
948

まずは作ってみよう!

Media?size=l
instagram.com

上の写真のように「食パンが湾曲するほど野菜を挟む」これがルールです。具は、野菜がメインであればお好みでOK。卵やツナ、ハムを挟んでもいいですね。食パンは具を支えるために耳を残しておく方がベターです。

oceans-nadia.com

「こんなに盛って大丈夫!?」というぐらい具を山盛りにしましょう。もう一枚の食パンを乗せたらパンの耳同士を合わせるように閉じてサランラップで固定します。これで完成。とても簡単ですよね。

さて、何を挟みますか?

ヘルシーにアボカド

Media?size=l
instagram.com

クリーミーな食感が人気のアボカドは美容にもいいのでぜひ取り入れたい食材。ベーコンとマスタードも一緒に挟めばボリュームもアップ。カットした断面を想像しながら具の色のバランスを見て挟んでみましょう。

王道のハム&チーズ

Media?size=l
instagram.com

サンドイッチに欠かせないハム&チーズ。ハム、具材の塩気が野菜の瑞々しさにマッチして美味しいですよ。薄くスライスしたキュウリは、斜めに少しずつ重ねるように並べると断面が美しくなります。

ローストビーフで豪華に

Media?size=l
instagram.com

ハムやベーコンから少しランクアップしてローストビーフを挟んでみませんか?パンはカンパーニュが合うそうです。ジューシーなトマトとクリーミーなアボカドで食べ応え満点!これなら彼やパパの胃袋も大満足ですね。

「和」の食材も

Media?size=l
instagram.com

野菜といえばフレッシュ野菜をイメージしますが、きんぴらごぼうも立派な野菜ですよね。甘辛い味付けがサンドイッチに合うんです!ぜひ試してみてくださいね。ちくわに詰めたオクラも断面が可愛いですね。

葉野菜はクルクルと

Media?size=l
instagram.com

もりもり野菜サンドは断面の美しさがかなりのポイント。どの野菜をどのように挟むか、これも腕の見せ所です。レタスのような葉野菜は巻きながら重ねると、写真のように 層になって美しく仕上がるんですって。

Media?size=l
instagram.com

クルクル巻いたら…こんな挟み方もおもしろいですよね。豪快に巻き上げたレタスの周りに湾曲したトマト、二度見してしまうほどのインパクトです。

ベーコンもクルクル

Media?size=l
instagram.com

葉野菜に限らず巻けるモノは巻いてしまう!そんなアレンジもおもしろいですよ。ベーコンやハムをクルクル巻けば、カットした断面がお花のように見えて素敵ですね。

トマト丸ごと!

Media?size=l
instagram.com

ボリュームを出してこその「もりもり野菜サンド」。野菜もカットせず丸のまま挟むのもアリ。赤いトマトならフォトジェニック感もバッチリ♡周りにハムや葉野菜、薄焼き卵など巻き付けると見た目もユニークです。

スタイリッシュに色を統一

Media?size=l
instagram.com

色とりどりの野菜を使ってカラフルに仕上げる「もりもり野菜サンド」ですが、あえて色のトーンを揃えるのもオシャレですよ。順番に、レインボーカラーで挑戦してみても楽しそうですね。

焼きそばもアリ

Media?size=l
instagram.com

「焼きそばパン」があるのですから、もちろん食パンに挟んでもOK!あくまでもメインは野菜なので、焼きそばは控えめの量ですが、炭水化物を挟むことで男性ウケもアップ。仕上げの青のりがポイントです。

卵でフォトジェニック勝負♡

ゆで卵をそのまま

Media?size=l
instagram.com

ボリューム満点で仕上げるもりもり野菜サンドなので、丸のまま挟むのもおすすめです。一緒に丸い野菜も挟むとドット柄に見えてキュート♡クッション代わりにポテトサラダを敷くアイデアは真似したいですね。

可愛く表情を付けてみる

Media?size=l
instagram.com

カットした後、黄身の部分へ顔を描くだけ。お子さんも大喜びの可愛いもりもり野菜サンドに大変身!卵には豚肉を巻いてボリュームを出してあります。スコッチエッグを挟んでもいいかもしれませんね。

半熟でソース代わりに

Media?size=l
instagram.com

トロッととろける黄身がたまらなく美味しい半熟卵。この「もりもり野菜サンド」に挟めば、他の野菜のソース(ドレッシング)としての役割も果たしてくれますよ。濃厚な味わいがクセになりそうな勢いです。

潰したゆで卵でジューシーに

Media?size=l
instagram.com

サンドイッチには、やっぱり「潰しゆで卵」が欠かせません。マヨネーズで和えたジューシーでまろやかな味は、他の野菜との相性が抜群!ギュッと挟むとパンから崩れ出るので、具と具の間に挟むと良いですよ。

野菜入りのオムレツで

Media?size=l
instagram.com

オムレツも卵を使ったメニュー。サンドイッチに挟んでも美味しいですよね。卵だけのプレーンも良いですが、緑の野菜を混ぜて焼けば彩りも綺麗に仕上がります。挟みやすいので初めて作る人にオススメです。

もちろん目玉焼きも

Media?size=l
instagram.com

平たいので、目玉焼きが一番挟みやすい卵料理かもしれませんね。他の具材との馴染みがいいので、初めてさんにオススメです。焼きたてだと野菜がしんなりするので、しっかり熱を取った目玉焼きを挟みましょう。

口を大きく開けていただきます♡

具がこぼれて食べづらそう…という声もありますが、食パンを縦にしてかぶりつくと意外にこぼれにくいとか。たとえ、具がポロポロ落ちても、ダイナミックに食べるのがこのサンドイッチの醍醐味です。

Media?size=l
instagram.com

野菜たっぷり、栄養満点!とっても、ヘルシーな「もりもり野菜サンド」は遠慮なくガブリといきましょう♡

記事に関するお問い合わせ