無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「デブ」と「ぽっちゃり」の違いは大きい!締めるとこだけ意識して簡単にスタイルUP♡

締まっているところは締まっているカーヴィボディはいいけど、締りのない体型はふっくらしてるって思われてしまいがち。ぽっちゃりとデブの境界線は難しいですが、四の五の言わずに引き締めエクササイズをすれば結果はついてきます。今回は気になるパーツ別のエクササイズをご紹介します。

2017年6月
美容

身体にメリハリがなくなってきた…

「女性はぽっちゃりくらいが可愛い」なんてよく聞きますが、実際どのくらいの体型がぽっちゃりなのか、人によって基準が変わるもの。特に、夏が近づいて水着の季節になると、ウエストのくびれも気になりますよね。

たとえぽっちゃりで肉付きがよくても、全身のバランスに出るところや引っ込むところのメリハリがあるだけで、印象はずいぶんと変わります。今回は、魅力的な美ボディを作るエクササイズをご紹介します。

まずは、自分の身体をくまなくチェック!

体重計ではなく体型を意識する

自分が太っていると自覚している人ほど、自分の身体を直視しないと言われています。体重計で一喜一憂するのもいいですが、鏡でしっかり裸の自分と向き合って、どのパーツを引き締めるべきかチェックするのも大事。

例えば、自分の身体を横から見た時に、胸とお尻は小さくても大きくても“弾力”があって、女性らしいラインをキープできているか、また胸の下にタプ付いたお肉、ブラに食い込んだ背中の肉がないかなど。

さらに、くびれがないと前から見た場合、身体全体の形がなんとなく四角い印象に。メリハリのないどすこい体型は威圧感を与えるだけでなく、男性からも「守ってあげたい」よりたくましいといった印象を持たれがち。

理想的なくびれの比率がある!?

とりあえずスリーサイズは計ったけれど、理想的なサイズは身長や好みの体型によって変わるので、どのサイズが正しいのかわからないもの。ただ、くびれに関しては理想的なサイズを計算ではじき出すことができます。

<ヒップ:ウエスト=1:0.7>

(例)ヒップが90cmの人の場合、理想的なウエストは、90cm☓0.7=63cm
計ったサイズがこの比率に当てはまるのか、一度チェックしてみてください。

ネガティブ思考からポジティブに!

「自分は何をやってもダイエットは成功しない」という思考から、「必ず痩せて◯号の服を着る」とか「くびれを手にすることができる」という前向きな目標を頭にインプットしちゃいましょう。

さらに、鏡の近くや自分の部屋の目に入る場所に、理想体型のモデルのポスターや写真を飾って意識を高めるのも効果的。「自分はこのモデルの体型に近づきつつある」と思ったらモチベーションもUPしますよ。

記事に関するお問い合わせ