無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏なのに手足が冷たい!巡りのよい身体をつくる「夏冷え」対策&改善法♡

現代では、たくさんの女性が夏でも冬と同じように、冷えによる身体のダメージに悩まされていますよね。いろいろ対策していてもイマイチ効果が出ないと思っているあなた、もしかしたら間違った温活をしているかも?今回は、巡りのよい体になるプチ健康法をご紹介します。

2017年7月
美容

夏なのに冷え性ってツラい…

職場の冷房が効きすぎてつらかったり、脚のむくみが気になったりしていませんか?「なんだか体調もいまいちだし、これ夏バテなのかな?」と思っているあなた、ひょっとしたら夏ならではの冷え性かもしれません!

冬はもちろん、普段から冷え性が原因で体調を崩しやすい方は夏冷えにも注意が必要です。暑い夏でも、外からだけでなく内からも身体を冷やさないことが基本ルール。まずは夏冷え体質なのかチェックしてみましょう!

あなたは大丈夫?夏冷えのセルフチェック

足首やお腹を直に触った時に冷たく感じたり、脚のむくみにいつも悩まされているという方は、慢性的な夏冷えになってしまっている可能性が。また、夏なのに汗が出にくかったり、時々汗が急にドバっと出るのも要注意。

さらに、なんとなくいつも身体がだるい、お通じが悪くて便秘がち、胃もたれしやすく食欲があまりないなど、これらの項目が一つでも当てはまるという方は、体内の血の巡りや水分代謝が滞っているサイン。

生活スタイルを見直して夏冷え予防♡

1. 夏でも靴下やひざ掛けを忘れずに

冷房がきいた室内で「寒いな」と感じる時は、靴下やひざ掛けを使いましょう。身体に「首」がつく首周り・足首はもちろん、お腹周りをサッと温められるよう、スカーフやレッグウォーマーを活用するといいですね。

2. 身体を温める飲み物を積極的にとる

飲み物には、身体を温めるものと冷やすものがあります。温かい飲み物ならすべて身体を温めてくれるはずと思ってしまいがちですが、実は身体を冷やしてしまうものも。中でも有名なのが、ホットコーヒーなんです。

暑い地域で収穫されるものは、身体の熱を冷ますと言われています。また、コーヒーを飲むときに入れる白砂糖も身体を冷やしてしまうので、メープルシロップなどを取り入れるといいかもしれません。

身体を温める飲み物の見分け方は、赤や黒などの色の濃いものや、寒い地域で収穫されるものと言われています。他に、発酵食品や生姜湯・黒豆茶・紅茶・ウーロン茶・赤ワイン・日本酒などもおすすめですよ。

3. 1食に最低一つは温かいものを摂る

夏冷えを解消するには、季節を問わず温かいものを食べることが大切。根菜類がたっぷり入った具だくさんのお味噌汁や汁物を毎食飲む習慣をつけると、冷え性対策だけではなく代謝も良くなってダイエット効果を得られます。

また、朝スッキリと起きられないという方は、朝一番に身体を温める飲み物を飲むだけで身体がスムーズに動けるようになりますし、一日中身体がポカポカに。身体の芯まで温めてくれるお風呂前や寝る前もオススメです。

4. 暑い時期でもしっかりお風呂に浸かる

夏場になるとシャワーで簡単にお風呂を済ませてしまう方も多いと思いますが、夏冷えで悩んでいる方は必ずお風呂に浸かりましょう。ただし、熱いお湯に浸かるのは湯冷めしやすく、より身体を冷やすので逆効果ですよ。

夏冷えに効果的なのは、38〜40℃くらいの温かめのお風呂に10分以上浸かること。リラックスや緊張の緩和、質のいい睡眠を促す「副交感神経」の働きを促進します。ラベンダーやジャスミンなどの香りも効果的!

5. 寝る時はお腹にタオルを巻く

パジャマや寝具が夏仕様になるこの時期は、特にお腹が冷えやすいもの。お腹に薄手の腹巻きを巻くか、薄手のタオルを巻いて就寝すると冷えを防止できます。お腹の冷えが気になる方にオススメですよ。

ハラマキ

ウンナナクール

¥ 1,080

夏らしいパラソル柄が可愛らしいハラマキです。夏でも蒸れにくく、さらっとした着心地のいい綿素材です。薄着でお腹が冷えそうなときに必須のアイテムです。

商品詳細
ハラマキ
store.wacoal.jp
商品詳細

はらまきパンツ

ベルメゾン

¥ 900

ショーツタイプのはらまきだから、お腹もしっかり包み込んで温めてくれます。薄手で速乾性に優れているので、夏の冷え対策に活躍してくれそうです。

商品詳細
はらまきパンツ
www.bellemaison.jp
商品詳細

夏冷え予防&改善♡ 簡単ストレッチ

血の巡りを良くするストレッチ

身体の深部の熱は、血流とともに身体の隅々にまで運ばれ身体全体を温めています。手や足が冷たいと感じる時は、この血の巡りが滞っている証拠。すぐに効果の出るストレッチで、血の巡りを一気に改善しましょう。

イスに座ったら、前方向にまっすぐ両手両足を伸ばします。背筋はまっすぐにし後ろに反らないように意識します。手足全体を交互に20秒ほど動かします。手先や足先だけでなく付け根からブルブルするイメージです。

最後に、手足を下ろしてリラックス。呼吸を整えましょう。上記を1セットとして4回ほど繰り返すだけで、身体がぽっかぽかになりますよ。職場や家事の合間でも簡単にできるので、覚えておくと便利です。

お腹を温めるストレッチ(バックブリッジ)

身体は冷えると体温を奪われないように脂肪をつけようとします。その結果、新陳代謝が下がり胃腸の不調や夏太りの原因につながります。腹部を温め内蔵の働きを高めつつ、ボディラインを引き締めていきましょう。

仰向けに寝て両ひざを立てます。両ひざは、肩幅程度に開いて90度に立てるのがポイント。両手は手のひらを下にして、身体の脇で伸ばします。腰を浮かせ、肩からひざまでまっすぐに伸ばし10秒間キープします。

呼吸は止めずに自然にします。腰を浮かせた時に、お尻の筋肉をキュッと引き締めるとさらに効果的。背骨を1つずつ戻す感じでゆっくりと腰を下げます。大きく腹式呼吸をしてリラックス。上記1セット✕5回を目安に。

巡りのいい「夏美人」になろう♡

冷えを我慢し続けると、夏場だけでなく一年中冷えを感じやすくなって、血行不良やホルモンバランスの乱れなどにつながります。日常の中で冷やさない工夫を取り入れて暑い夏にも負けない健康ボディを作りましょう!

記事に関するお問い合わせ