無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これだけ押さえればOK!夏の「メイクくずれ」簡単リタッチ法

夏はお昼過ぎにはメイクが崩れて夕方には目も当てられない顔になっていて、あわてて化粧直しをした経験のある方もいるのでは。今回は、そんな時に覚えておきたい簡単なリタッチ方法とオススメのコスメをご紹介します。

2017年6月
メイク

会社に着いたら汗でメイクがドロドロ…

梅雨から夏にかけてのこの季節のメイクはトラブルだらけで、鏡を見るたび気が滅入ってしまうもの。また、正しく化粧直ししないとムラができてしまったり、皮脂を取りすぎて余計テカテカ肌になってしまうことも。

最近メイク崩れがひどいという方は、正しい化粧直しのやり方をおさらいしてみてはいかがですか?普段何気なくやっているお直しが、崩れを悪化させる原因かも?夏の汗や皮脂に負けない化粧直しの極意をご紹介します。

持ち歩き必須のメイク直し2大アイテム

ティッシュペーパー

皮脂や汗を拭き取る時、ハンドタオルやあぶらとり紙を使う方も多いかと思いますが、実はティッシュを使うのがオススメ。適度に柔らかいのでお肌にも優しいですし、三角に折れば細かい部分も修正できるので便利!

また、あぶらとり紙のように必要な皮脂まで吸い取ってしまうことがないこともメリットの一つ。特に、乾燥肌や敏感肌で悩んでいる方は、お肌にも優しい保湿系ティッシュだとよりベター。

パウダー用パフ

お直しにはルースパウダーがかかせませんが、携帯用のパフだとふんわりと均一にのせることができません。また、パフをティッシュでくるんでしまえば、スポンジにも代用可能!ポーチに一つ必ず忍ばせておきましょう。

乳液とコットン

どうしてもメイクがよれてしまってどうにもできない時は、オイルやメイク落としを使うのではなく、コットンに乳液を含ませたものがオススメ。お肌に栄養を与えつつぷるんと潤わせて、メイクのノリを改善します。

これだけは心がけて!崩れを防ぐメイク法

朝はバタバタしてスキンケアやベースもササッと済ませてしまう、という方は要注意!崩れない頑強なお肌にするには、ベース作りが命。これをしっかり行うことで、直す手間も一気に省けてスムーズになりますよ。

保湿下地で潤いを与える

皮脂や毛穴の開き、嫌なベタつきの主な原因は「乾燥」と言われています。乾燥状態のお肌を守るために皮脂は分泌し続けるのです。メイク前には、化粧水+乳液+美容液でお肌の状態を整えておくことが大切です。

記事に関するお問い合わせ