無料の会員登録をすると
お気に入りができます

この境目がモテを決める!「わがまま」と「おねだり」の違いって?

彼に甘えて「おねだり」したくなるときもありますよね。でも、もしかすると彼は「わがまま」に感じているかもしれません。そんな「わがまま」と「おねだり」の違いって何なのでしょうか。

2017年6月
恋愛・結婚

「わがまま」と「おねだり」の違いは何?

オトナだったら「おねだり」しなきゃ

似ているようで全く違う「わがまま」と「おねだり」。「わがまま」はところ構わず自分の気持ちを押し通したいこと。「おねだり」は彼が喜ぶような甘え方やお願いができることです。

つまり、男性にとってうれしいのはわがままではなくおねだり。オトナだったら上手に「おねだり」したいですよね。そこで、わがままとおねだりの違いを具体的に考えながら、おねだり上手になる方法をご紹介します。

要求の量に気をつけて

多すぎるのは「わがまま」

疲れている彼に電話して、声を聞いて会いたくなったから「会いに来て」と言い、寂しくて泣く。これはわがままポイントが3つもあります。わかりますか?

①疲れている彼に電話をしてもらってる
②「会いに来て」と相手の行動を望む
③泣くことで慰めてと暗に言っている

1度にいくつものお願いを聞いてほしがるのはわがままです。彼の労力や時間を奪ってしまうことになります。そのせいで、彼にとってしんどい関係になると、あなたと一緒にいたいと思えなくなってしまうでしょう。

1つずつピンポイントが「おねだり」

何か頼みたいときは1つだけにしましょう。彼が疲れているときは、電話をして声を聞くだけ。会いたくても泣きたくても、我慢。

代わりに疲れている彼を気遣いましょう。「次会うときは楽しみにしてるね」「無理せずに頑張ってね」なんていうように。

おねだりを聞いたおかげで、彼もあなたと接して気持ちが晴れやかになれます。それなら彼も「おねだりを聞きたいな」と思ってくれるようになるはずです。

タイミングも大切です

記事に関するお問い合わせ