無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アクセのつけ方で人生が変わる。指輪をつける指10本それぞれで変わる「意味」

10本の指にはそれぞれ意味があり、指輪をつける位置で人生が変わるんだそうです。 あなたはどの指につけますか?

2017年6月
ライフスタイル

指輪はつける指で意味が違うって知ってた?

人生にも変化が訪れるかも

指輪にはつける指によって意味があることをご存じでしょうか。しかも片手だけでなく、左右どちらも合わせて、10本の指にそれぞれの意味があるそうです。

Photo by Petr Ovralov / Unsplash

意識して指輪をつけることでその意味を実感して、人生も変わってくるかもしれません。そんな指輪と指について、10本それぞれの意味をご紹介します。

親指(サムリング)

親指につける指輪をサムリングと言います。サム(thumb)は英語で親指という意味。古代ローマ時代には、弓を引くときに親指を保護するなど、指輪は戦いの道具でもあったそうです。

Photo by Megan Savoie / Unsplash

そして、親指に指輪をつけると「どんな願い事でも叶う」と言われていたのだとか。

右手の親指は「主導権を握る」

右手の親指には「指導力」や「リーダーシップ」という意味があります。行動力、権威、意志などを表し、信念を貫き、困難に負けないときにつけると良いのだとか。

*
*
光と影◌ ͙❁˚
*
柔らかな色で優しい気持ちに。
*
*
#alittlesalonniiina
#リトルサロンニーナ
#miyazaki#宮崎市ネイルサロン
#nail#nails#instanails#nailstagram#naildesign#nailsalon#summernails#ネイル#シンプルネイル#カジュアルネイル#ショートネイル#ピンクときいろ#ニュアンスネイル#右手
instagram.com

逆境に負けそう、自分を見失いそうなときに、強いパワーを得られます。また、恋で主導権を握りたいとき、仕事での責任感が欲しいときなどにも、右手親指の指輪がおすすめです。

左手の親指は「信念を貫く」

左手の親指には「信念を貫き通す」という意味があります。それは強い意思だったり、愛だったり。「難関突破」という意味もあり、壁にぶち当たっていて、それを乗り越えたいときなどにGOOD。

また、弱い自分に負けそうになったとき、意思を貫こうとつけるのもありです。彼と遠距離恋愛でつらいけど乗り越えたいとき、親から結婚を反対されているときとか、恋愛の逆境を乗り越えるときにも良いでしょう。

Photo by Julia Caesar / Unsplash

さらに「目標を実現させる」という意味も。欲しいものを手に入れたい、夢や目標を叶えたいときにも使えます。

記事に関するお問い合わせ