無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1日5分で“むくみ下半身”を解消!誰でも出来る「股関節ストレッチ」

下半身が太いのは、血液やリンパの流れが滞っているせいかもしれません。ここでは、股関節をほぐし美脚に導くための簡単メソッドをご紹介していきます。誰でも手軽に始められますよ!早速チェックしていきましょう。

2017年6月
美容

下半身が太い理由って?

あなたがどっしりとした下半身なのは、ずばり“むくみ”のせいかもしれません!むくみが無くなるだけで太ももやふくらはぎは、見た目でも分かるほどスッキリとするものです。

血液やリンパの滞りが原因

むくみの原因となっているのが、血液やリンパの滞りです。なかなか冷えがとれないという方は、その可能性が大!巡りが悪いせいで下半身太りが悪化するケースは少なくありません。

多くのモデルさんは美脚をキープするために、むくみ解消のエステやマッサージに通い詰めているもの。とはいえ、自力で毎日マッサージするのはなかなか大変ですよね・・・。

“股関節”を柔らかくすべし

そこで取り入れてほしいのが、股関節を柔らかくするストレッチです。股関節にはリンパが集中しているため、ここが固まると流れが悪くなってしまい、冷えやむくみを引き起こす原因に。

股関節をほぐしておけば、血液やリンパがスムーズに流れるようになります。時間をかけて日々マッサージを行うよりもずっと手軽かもしれません。早速ストレッチ方法をご紹介していきましょう。

“股関節”を柔らかくするストレッチ

1、胸に引き寄せる

まずは足を真っ直ぐ伸ばして仰向けになります。片足の膝を曲げて、両手で抱えるように胸に引き寄せます。床にある足が浮いてしまわないように注意しましょう。

左右各30秒程度ずつ行えば完了です。呼吸をしながらリラックスして行ってみて。

2、左右に開く

仰向けのまま、両足の膝を立てます。そこから左右にパカッと足を開いて倒しましょう。膝が床につかない場合は、あらかじめ下にクッションや畳んだタオルをひいておくと負担が少なくなりますよ。

手は股関節の付け根に置いても、頭上に上げて肩周りをほぐしてもOKです。30秒×2セット行います。

3、あぐらで座る

ゆっくりと起き上がり今度はあぐらで座ります。股関節が固い人はこの姿勢が辛いかと思いますが、始めは膝が浮いていても良いので30秒~1分程度キープしましょう。

余裕があれば膝の上に手を置き、ぐっぐっと股関節を広げていきます。無理のない範囲で行ってくださいね。

4、股割り

立ち上がってから、足を左右に大きく開きます。つま先を外側に向け、腰をゆっくりと落としていきましょう。ヒップアップ、下半身の引き締めにも効果もあるポーズです。

手は膝の上へ乗せ、外側へ開くように股関節を優しくほぐしていきます。10~30秒×3~5セット行いましょう。

5、前後に開く

股割りの状態で上体を元に戻してから、左右の足のつま先の方向を変えます。右足は真っ直ぐ右へ、左足は斜め右へ向けましょう。手を腰に当て真っ直ぐ前を見て30秒キープし、反対側も同様に行います。

余裕があれば、上体を股関節から折るように倒していきましょう。床に手をつき、背中を伸ばした状態でキープ。体幹強化にも効くポーズになりますよ。

1日5分で下半身太りにさよなら!

いかがでしたか?5分もあれば出来る内容になっているので、流れにそって行ってみてください。どうしても時間がないときは一つのポーズだけでもOK。股関節が固まってしまわないように、日々続けることが大切です♡

記事に関するお問い合わせ