無料の会員登録をすると
お気に入りができます

タオルは長~く使いたい♡賢い女性は買い替えどきをこうジャッジする!

バスタオルの捨てどきって毎回悩みの種。でも賢い女性ならではの、タオルの買い替えどきのジャッジ法やタオルを寿命以上にふわふわ長持ちさせるテク、無駄のない使い古しタオルのDIYまで、タオルをきっちり使い切るためのワザをご紹介します♡

2017年9月
ライフスタイル

タオルの買い替えのタイミングは?

長く使っているバスタオル。ごわごわ感を柔軟剤でごまかしながら、なんとなくもったいなくて使い続けていたり、捨てたりしていますが、買い替えるべきタイミングがあればぜひとも知りたいところ♡

タオルの寿命っていつなの?

使用回数や洗濯回数、干し方によってもタオルのダメージは変わってくるので、寿命が何年と一概にいえるものではありませんが、ごわごわする、薄くなった、硬くて肌触りが悪いと感じたら、間違いなく「買い変え時」。

賢い女性の「買い替えどき」ジャッジ法

ところで「ごわごわする、薄くなった、硬くて肌触りが悪い」そんな買い替えどきのタイミングって、漠然としていてわかりにくくありませんか? バスタオルの買い替えどき、賢い女性のジャッジ方法をご紹介します。

①タオルソムリエいわく、目安は「洗濯30回」

「タオルには寿命があるのをご存じでしょうか?実は洗濯30回が目安です。タオルは自然の綿でできていますので、洗濯や使用により消耗し、繊維が傷むことによって固くなってしまうのです。」
mykaji.kao.com

普通に使えば「洗濯30回が寿命」だというのがプロの見立てですが、でも賢い女性は「30回では終わらせない」♡後述する長持ちテクでタオルを長~く使うことだって可能なんです。

②彼に「使って!」と渡せるタオルは合格♡

タオルは吸水力があって、ふわふわ気持ちいい♡のが本来の姿。自分用としてはまだ使えると思っていても、彼に「使って!」と渡すのはちょっと…と感じるなら、その時がタオルの寿命だと判断するのも一つの目安。

③「1年間使ったら引退」そんなマイルールを作る

新年を新しいタオルでスタートして、1年間大切に使いきったら「ご苦労様♡」って年末の大掃除に活用して引退、そんなマイルールを決めておくのもいいですね。「使い切り」がお部屋も心もスッキリきれいにしてくれます。

記事に関するお問い合わせ