無料の会員登録をすると
お気に入りができます

習慣を変えて美人力UP♡「やめられない悪習慣」を断ち切るコツ

誰しもやめたいのになかなかやめられない悪習慣がありますよね。そんな悩める人のために、悪習慣を断ち切る方法をご紹介します。

2017年7月
ライフスタイル

「悪習慣」がやめられないの…

直せば美人力もUPできるのに

ドカ食い、夜更かし、無駄遣い、遅刻…などなど、やめたくてもやめられない悪習慣はありませんか?この習慣を改善して、良い習慣を身につければ、身も心も美しくなれるのに…。

そこで、嫌なクセに悩める方は必見。悪習慣を断ち切る方法をご紹介します。

悪習慣を断ち切るための心構え

長期的な取り組みが必要

習慣というのは身についているものですよね。それを意識して直して、意識せずとも悪習慣を行わないようにするのが理想。1~2日では直せないことを理解してください。短くても1ヶ月、長ければ半年はかかります。

Photo by Smile Su / Unsplash

「そんなに長い期間なんて無理」とは思っていたら、もったいないですよ。逆に考えれば、半年間、自分の体や心に良い変化が訪れ続けるということ。悪習慣を半年続けるよりずっと良いことですし、半年後には大きな変化が訪れるはずです。

悪習慣がいかに“悪”なのか知る

悪習慣を続けてしまう理由は「なんとなく」ではないでしょうか。今一度、悪習慣を続けると体と心がどうなるのか想像してみてください。

たとえば「夜更かし」。夜遅くまで起きていればその分時間を使えて、楽しいイベントにも参加できるでしょう。しかし、肌は荒れるし、痩せにくくなるし、次の日に影響して仕事の効率も落ちます。

生活習慣が乱れれば自律神経も乱れて、精神的にも不安定になるでしょう。良いことがほとんどありませんよね。このように自分に及ぼす悪影響を考えれば、本気で「変わりたい」と思えるはずです。

悪習慣を断ち切るために“考える”

まず、自分を見つめ直すために“考える”ことが大切です。

悪習慣を引き起こす「原因」をハッキリさせる

悪習慣そのものを改善するには、どうしてその結果が引き起こされるのか、「きっかけ」となる原因を突き止めることが大切です。例えば「遅刻」。その理由はさまざまですが、寝坊だとします。

記事に関するお問い合わせ