無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ほっそり脚&まるいヒップが叶う♡「橋のポーズ」を解説

夏の肌見せに伴って、気になる内もものお肉やお尻の形。今回はそんなお悩みに応えるヨガポーズのご紹介です。寝ながらできる、内もも痩せとヒップアップに効果抜群のヨガポーズ「橋のポーズ」を現役ヨガインストラクターが伝授します♡

2017年6月
美容

夏こそほしい、美脚と美尻

「橋のポーズ」で両方叶える♡

肌見せの夏ですね。水着を着るシーンでは、脚のラインやお尻の形は丸わかり。歩く度に揺れ動く、内もものぷるぷる肉やお尻の垂れ肉に悩んでいませんか?

内ももがすっきりとした脚や、キュッと引き上がった丸いヒップは、女性の憧れですよね。今回ご紹介する「橋のポーズ」は、内もももお尻も同時に鍛えられるヨガのポーズです。効果的なのに寝たままできる、お手軽ポーズを伝授します♡

「橋のポーズ」とは

別名「ブリッジポーズ」。多くのヨガレッスンで行われている人気の高いポーズなので、経験のある方も多いかもしれません。寝たまま行えるため、寝る前にも取り入れやすいポーズです。

instagram.com

指導者によりポーズの形は異なりますが、今回は内ももとお尻を引き締めることを目的としたやり方でご説明していきます。

女性に嬉しい効果が沢山

内ももを引き寄せることで「内転筋」が働き、内ももの引き締めに効果的になります。そして骨盤を持ち上げるために必然的にお尻が締まり、ヒップアップ効果に。また、気になるお腹や背中、骨盤底筋も鍛えられるので、女性には大変おすすめのポーズと言えます。

instagram.com

ポーズで意識するのは「内もも」

特に注意するポイントは、膝を開かないことです。膝を開いてしまうと、肝心な内ももの筋肉がほとんど使われないため、本来の目的から逸れたポーズに。膝が離れてしまう方は、まずはブロックなどを内ももに挟んだまま行うことをおすすめします。

また、内ももを使うことで、初心者の方がこのポーズで起こしがちな腰痛の予防にも役立ちます。ゆっくりと背骨を意識して、お尻を上下していきましょう。

「橋のポーズ」を試してみよう♡

基本のフォーム

まず、マットの上か布団の上に仰向けになります。両膝を立てましょう。膝を揃え、両腕は体側に沿ってまっすぐ伸ばします。手のひらはマットをしっかりとらえ、かかとはなるべくお尻の方に近寄せましょう。

記事に関するお問い合わせ