無料の会員登録をすると
お気に入りができます

イイ男からモテている。「自立した女性」ってどんな人?

男性にモテて、同性からも憧れられるような女性は「自立した女性」でした。大人の女性ならば知っておきたい、自立するとはどういうことなのかをまとめました。

2017年6月
恋愛・結婚

自立した女性は魅力的

憧れられる+モテる

自立した女性というのは、同じ女性から見ても憧れられるような存在で、男性から見ると対等な恋人関係を築きたいとモテる存在。アラサーならばそろそろ自立した女性になりたいところ。

そこで、男女どちらからも支持を集める自立した女性の特徴を学んでいきましょう。

“自分”があるから“自信”がある

依存・執着いたしません

恋愛で彼の存在が大きくなると、依存したり執着したくもなります。しかし、それは自分に自信がないからなんです。自分を持っていなくて、何でも彼に委ねているから、失ってしまうのが怖くて依存・執着するのです。

自立した女性は自信があり、確固たる自身の意見を持っています。なので、相手の言うことに左右されず、依存したり執着することもありません。自立した女性を好むのは自立した男性で、対等な関係を築けます。

高いプライドは捨ててきました

素直に弱さも認められる

自信がある女性は自己評価が高く、プライドも高くなりがちです。そのせいで過ちを認められなかったりします。本当に自立した女性はプライドが高くありません。弱さも自分だと、素直に受け入れられるからです。

間違えれば「ごめんなさい」と謝れるし、自分のミスを認めて改善しようと努めます。なんでもできる完璧な人=自立した女性ではありません。むしろ素直に受け入れた方がどんどん自分を高められる女性になれますよ。

自分の気持ちを素直に伝えられる

本当の意味でのコミュニケーション能力が高い

恋愛で嫌なことや不満があっても黙って我慢する。ということを、自立した女性はしません。なぜなら我慢して良いことはないから。気になったら伝えて、どうしたら良いのかお互いに考えるのです。

感情を抑えつけるより、コミュニケーションを取った方がお互いのためになります。自分の気持ちを素直に伝えることができるのは、自分の意見がハッキリしているから。それは自立しているということですよね。

頼りっぱなしにはならない

頼り頼られる対等な関係

相手に頼ることもあります。しかし、一方的に頼る存在ではありません。逆に頼られるだけでは、相手が自立していません。お互いに頼り頼られる関係性だから、いつでも対等なのです。

“頼らない”のは自立しているということではありません。身の回りに助けてくれる人がいて、お互いに助け合うのはむしろステキなこと。自立した関係性だからこそできることなのです。

自己解決力が高い

それは自分をきちんと理解しているから

悩みがあったり何かつまづいても、冷静に判断して解決できる人も自立しています。それは正しい自己評価ができるから。感情だけでなく、論理的に、客観的に自分を理解して、分析して、問題の解決を導けるからです。

自分のことは自分で解決できる力があるというのも、自立した女性と言えますよね。

行動力も高い

思ったら即動く

行動力が高い人も自立しています。仕事で良いアイディアが生まれればメモを取ったり、すぐに調べたり。行きたいところがあれば、すぐに出かけたり。恋愛でもインスピレーションでびびっと来たら、積極的になったり。

思ったら考えるよりもすぐに行動。フットワークが軽い女性ってとても魅力的です。

努力ができる

夢や目標のために頑張れる

自分の目的のために何かしらの努力ができて、頑張れる女性もステキですよね。仕事での目標やスキルアップだったり、キレイになりたいという夢だったり。

大人になると努力することよりも、日々どうやってこなしていくかに意識が向きがち。努力ができるというだけで、自分の中で大きな進歩になりますよ。

きちんとした金銭感覚を身につけている

お金をどう使い、どう使わないのか

自立した女性は使うお金には困りません。それはお金の大切さを理解し、正しい金銭感覚を身につけているから。それはお金を使わない節約家ということではなく、何に支出するべきなのかを把握しているのかということ。

お金の使い方に自分なりのルールがあるのが自立した女性。好きなだけ使ってしまったとか、今貯金がいくらあるかわからないとか、そういうのはありえないんです。お金の使い方も見直してみませんか?

一人での時間を存分に楽しめる

どんな時間も自分のためになる

誰かと一緒に食事をしたり話をしたり、という時間は誰にでもあります。もちろん一人の時間もたくさんある。その一人の時間を自由に生きられる女性は魅力的です。

仕事に夢中になる、旅に出かける、カフェでまったり過ごす、趣味に没頭したりなど…。一人の時間を楽しめるからこそ、誰かと過ごす時間も大切にできるのです。

NOT 八方美人

理解してくれる人は一人でも良い

誰からも好かれようとすることは、自立した女性とは違います。みんなから必要とされたいのは、むしろ自信がないから、周りの評価が高くあってほしいと思うから。

Photo by Suhyeon Choi / Unsplash

本当に自立した女性は、自分のことを必要とし、理解してくれる人が一人でもいれば十分なのです。その信頼関係があれば、一人でも強く生きていけます。

感情のコントロールができる

負の感情を見せられる人も作る

人前では激しく怒ることや泣いたりすることはなく、安定しているように見える女性。しかし、誰でも心が弱くなってしまうときはあります。自立した女性は自分でうまく対処するなど、見せられる人を作っているのです。

弱いところがない人なんていません。ただし関係ない人に負の感情を巻き込んでしまうのは自立していない女性です。弱い部分をさらせる人を作り、上手にコントロールできるのが自立した女性なのです。

自立している女性は素直だからステキ

全部自分でこなすなんて難しいことです。人は一人では生きていけません。それでも、一人で生きる強さはあります。そして、弱さを見せられる人がいる。その素直さが自立した女性の最大の魅力なのかもしれません。

自分に素直に、自信を持って、自分を持った、自立した女性になりませんか?

記事に関するお問い合わせ