無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知らないと損!太りにくい体にするための正しい食事の仕方&順番

痩せている方から「ダイエットなどしていません」と耳にすることがありますよね。そんな方たちの食生活に注目すると、痩せ体質になりやすい食事方法をしていることがわかります。今回は夏に向け、ダイエッター必見の痩せ体質になる食事の仕方&順番をご紹介します。

2017年7月
美容

痩せている人の自然なルールって?

夏は薄着や水着などで、体のラインが気になる季節ですよね。すでにダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか。

www.pexels.com

そんなダイエットの基本は「食事の仕方」や「食べる順番」です。実は痩せている人に共通しているのが、この食事方法なんです。単純なことのようにみえますが、実はとっても大切なことなんです。

www.pexels.com

痩せている方が当たり前のように実践している食事方法をもとに、今の食生活を見直してみませんか?痩せやすい食生活を習慣化することで、スリムな体型も夢じゃなくなりますよ♡

「理想像」を思い浮かべる

心が乱れがちな時は瞑想にチェンジ!

太りにくい体をつくる食事方法に取り入れたいのは“理想像”を思い浮かべることです。目標を叶える時にはイメージトレーニングは必要不可欠!理想のモデルさんの食生活などを想像したりしましょう。

www.pexels.com

上手に想像する秘訣は、どんな姿勢で、どんな物を食べているのかなどを詳細に想像すること。想像することで脳に理想の相手の行動が刷り込まれていきます。

Photo by freestocks.org / Unsplash

またストレスが溜まって「理想像なんて想像できない!」という方は、一度深呼吸したり、瞑想をして心をリセットするクセをつけると想像しやすくなりますよ。

朝晩は白湯を飲む

食前に飲んでもOK!

白湯は飲むだけで新陳代謝を良くし、デトックス効果が得られます。便秘解消にも繋がり、飲むことで痩せやすい体質がつくられていきます。朝起きたら、ゆっくり白湯を飲むような習慣をつけるといいですね。

Media?size=l
instagram.com

就寝前に飲めば、体をじんわり温め、睡眠の質も上げてくれるといいます。また、食事の前に飲むことで心が落ち着き、食べ過ぎ防止にも繋がるという効果もあるようなので、食事の前にもぜひ試してみてくださいね。

白湯の作り方

水を強火で沸騰させます。蓋を取り10分〜15分程、泡が立つ火加減で沸かします。お湯が沸いたら保温ポットなどに移して飲みましょう。

盛り付けは色鮮やかに

一点集中型の食事はNG!

どんな物を食べたらいいの?と悩みがちになりますが、てっとり早く解決する方法は1回の食事に4〜5色のカラーの食材を取り入れること。いろんな色の食材を食べるように心がけましょう。

Media?size=l
instagram.com

白はご飯やパン、緑は野菜、赤は魚や肉、黄色は卵や大豆、黒はごまや昆布といった風に想像していくとバランスがわかりやすいですよ。1品だけなら痩せると思いがちですが、栄養が偏ると逆効果です。

味付けはシンプルに

味覚は早くて三日で変わる

痩せ体質の方に共通するのは、素材の味をそのまま味わって食べること。だから味付けはとってもシンプルです。

サラダはレモンやオリーブオイルで食べたり、みりんや砂糖の代わりにりんごや大根を入れて調理しています。ドレッシングやソースなどの濃い味が大好きな方は、一度味付けを見直して味覚を整えるといいですよ。

野菜から食べる

野菜から食べて血糖値を抑えよう

数々の痩せ体質の方が実践している方法といえば“ベジ・ファースト”です。

野菜から食べることで、糖分の吸収を防ぐ効果があります。冷たくて野菜が食べられないという方は常温の野菜を食べたり、白湯を飲んで胃を温めてから食べましょう。

果物を食べるなら野菜より前がいい!?

果物を食事に追加する場合は野菜より前に食べるといいでしょう。果物の消化吸収力が上がり、酵素も吸収しやすくなります。野菜と一緒にサラダとして食べてもいいかもしれません。

食事はゆっくり、よく噛んで食べる

早食いの人は好きな人と一緒に食べよう♡

痩せ体質の方はゆっくりと食べ物の味を楽しみながら食べ、30回を目安に良く噛んで食べています。良く噛むことで消化力を高め、小顔効果も期待できます。

www.pexels.com

早食いで割と孤食が多い方は、たまには大切な人とゆっくり食事を楽しむ時間を作るのも一つの手ですよ。

「ながら食い」は避けて

食事に集中することで満腹中枢を刺激!

スマホをいじりながら、テレビを見ながら、という“ながら食い”をしてしまっている方も結構多いのではないでしょうか。太りやすい方は、ながら食いによって満腹中枢が刺激されていないのかもしれません。

Photo by rawpixel.com / Unsplash

そんな方は五感をフルに感じられるリラックスした場所で食事をとるようにしましょう。“食べた”という気持ちを持つことで、間食を控えやすくなりますよ。

間食は程々に

食べる回数が多いと太りやすい体質に

小腹が空くと、つい我慢できずに間食をしてしまいがちですが、なるべく控える癖をつけましょう。もし食べるときは、白砂糖が入っていないシンプルなおやつを選ぶのがおすすめです。

www.pexels.com

そして食事は決まった時間に規則正しく食べる習慣をつけましょう。間食ばかりで常にお腹を満たされてしまっていると、消化力を下げることに繋がります。また体内時計も狂うため、太りやすい体質になってしまいます。

水分は1.5Lを目安に飲む

水分補給は、新陳代謝を良くしたり間食を避けるために役立つので、痩せ体質にはとっても大切!汗を良くかく日はこまめにとるようにし、普段は味噌汁なども合わせ1.5Lを6回程に分けて飲むようにしましょう。

Media?size=l
instagram.com

水分をとることが苦手な方は、フルーツなどを入れてデトックスウォーターにすると飲みやすくなりますよ。

夕食は寝る3時間前に終わらせる

朝起きた時に胃がすっきりしない方は、きちんと消化されていないのかも。

stocksnap.io

夕飯は寝る3時間前までに終わらせるのが胃に負担をかけない目安の時間です。夜遅くの食事は消化力や睡眠の質も下がり、体内リズムが崩れるのでなるべく3時間前を目指しましょうね。

スリム習慣を手に入れよう!

痩せ体質の方が言う、「痩せるために何もしていません」とは、ただ何もしていないわけではありません。毎日の食習慣が、自然と痩せる習慣になっているのです。

www.pexels.com

食生活を見直すことで、痩せやすい体質をつくるだけでなく、ヘルシーな生活も送れるのも魅力的です。ぜひ、食事から改善して、痩せやすい身体を目指してはいかがですか。

材料は5つ以下! ヘルシーな手作り簡単ドレッシング8選

ダイエットをしているなら、サラダを食べようという方も多いはず。ただ、市販のドレッシングをかけるとカロリーオーバーになることもありますよね。ヘルシーな自家製ドレッシングでダイエットを成功させませんか。
2302
記事に関するお問い合わせ