無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生理前の不快な症状我慢しないで!漢方薬剤師が教える「PMSを軽減する方法」

ライフスタイル

PMSの悩みから解放されたい!

毎月やってくる憂鬱な時期。イライラして大切なひとに当たってしまったり、会社に行くのが辛くなったり。仕方がないからと我慢していませんか?もしかしたらそれはPMSの可能性があるかもしれません。

Pornpak Khunatorn / Getty Images

PMSを理解することがお悩みから解放される第一歩ですので、自分が当てはまるかどうか、具体的な症状と対策について見ていきましょう。

PMSとは?

「月経前症候群」のこと

PMSは「月経前症候群」とも呼ばれ、生理前の3~14日の間に続くイライラ、落ち込み、吐き気などの精神的・身体的な症状のことをいい、月経開始とともに軽快または消失するという特徴があります。

AndreyPopov / Getty Images

PMSの症状の中でも特に精神症状が著しく表れたり、コントロールが利かないような感情の起伏を伴うものをPMDD(月経前不快気分障害)と言います。

こんな悩みがあればPMSの症状かも

・情緒不安定(突然涙が出る、悲しくなる、マイナス思考になる)
・イライラ(怒りっぽくなる、友人や家族、恋人に当たってしまう)
・鬱傾向(無力感、絶望感、人に会いたくなくなる)
・やる気・集中力がなくなる

などの症状があります。

女性ホルモンの乱れが脳内ホルモンに影響する?

原因は明らかにはなっていませんが、女性ホルモンが月経前後で大きく変動することで脳内のホルモンや神経伝達物質の異常によって引き起こされるものと考えられています。

女性ホルモンは脳の視床下部というところから分泌されます。この視床下部は司令塔とも言われ、リラックス状態と興奮状態を切り替え、自律神経に大きく影響する器官です。

女性ホルモンの分泌が乱れることでこの切り替えがうまく行かず、自律神経が乱れることにより様々な不調が表れると考えられています。今回は、毎月やってくるお悩みを改善するために、自宅でできるケアをご紹介します。

自宅でできるPMS対策

①アロマテラピー

まぽ (S-cait)さんによる写真ACからの写真

ストレスや疲労の蓄積はPMSが表れやすくなる原因と考えられています。そんな方にお勧めなのがアロマテラピー。アロマテラピーは海外で医療として効果が認められています。

記事に関するお問い合わせ