無料の会員登録をすると
お気に入りができます

えっコレお店のじゃないの?マカロンのレシピと失敗しないためのコツ

マカロンは毎日食べたいぐらいの美味ですが、特に有名店のものは決して安くありませんよね。自分で作って好きなだけ食べたり、プチギフトとして誰かにプレゼントしてみませんか?そこで今回は、詳しい作り方と失敗しないためのコツをご紹介します。

2017年7月
レシピ

マカロンを自作してみたい♡

マカロンは結構なお値段がするので、たまに買ってご褒美として少しずつ食べることが多いのではないでしょうか?しかし自分で作れば、もっと気軽にいつでも楽しめるんです♡

マカロンの作り方

材料

粉砂糖200g
アーモンドプードル100g
卵白3個分
砂糖50g
食用色素少々

まずは動画でレシピチェック!

0:25~
粉砂糖とアーモンドプードルを合わせて、ふるっておきます。
0:55~
卵白をボウルに入れて、砂糖を少しずつ加えながらピンと角が立つまでミキサーで泡立てます。

1:33~
ふるっておいた粉類を入れて、30回ほどさっくりと混ぜます。お好みの色合いになるように、途中で食用色素をほんの少しずつ混ぜてみてくださいね。

1:59~
全体に粉っぽさがなくなってリボンを描けるぐらいの固さになったら、絞り出し袋に入れます。クッキングシートを敷いた天板の上に、丸い形になるように絞り出しましょう。

このままの状態でラップなどをせず、表面が乾いてツヤがなくなってくるのを待ちます(約1時間)。140度に予熱したオーブンで10分ほど焼き、「ピエ」と呼ばれるふちのギザギザ部分ができれば成功です。

成功のポイントはメレンゲ!

cookpad.com

まずはメレンゲを上手く作れなければ、サクサクとした仕上がりにはなりません。こちらのリンク先にコツが詳しく載っているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

メレンゲのじょうずな作り方

メレンゲと粉類を合わせるマカロナージュ

次に大切なのが、「マカロナージュ」と呼ばれるメレンゲと粉類を合わせるプロセスです。「リボンを描けるぐらいの固さ」は、こちらの動画を見るとわかりやすいですよ。

マカロン1個分ぐらいの丸をたくさん書いた紙をクッキングシートの下に敷き、その丸の中に収まるようにメレンゲを絞り出してみましょう。大きさを揃えるのが簡単になります。焼く前に紙を取り出してくださいね。

cookpad.com

ジュースやジャムなどを混ぜると生地が水っぽくなるので食用色素で色を付けるのがベストですが、チョコ風味の場合はココアを入れてもOK。チョコクリームとの相性抜群ですよ。

ショコラマカロンのレシピ

何を挟む?マカロンに合うクリーム♡

ジャムを塗るだけなら簡単&フルーティー

ジャムを塗って挟むだけなら、クリームを手作りするよりも簡単です。果実がゴロゴロ入ったジャムなら、マカロンがグッとフルーティーになりますよ。

定番バタークリームをコーヒー味に

洋菓子の定番バタークリームはそのまま塗ってもOKですが、コーヒー味にアレンジしてもマカロンによく合います。

oceans-nadia.com
コーヒー風味のバタークリーム

森のバターで作ればヘルシー♡

バタークリームをもう少しヘルシーにしたいときは、「森のバター」アボカドを使ってみてはいかが?しっかり熟れたものなら臭みがなく、まろやかに仕上がります。

oceans-nadia.com
森のバタークリーム

電子レンジで作れるガナッシュクリーム

生クリームを電子レンジで温めて板チョコを混ぜるだけで、ガナッシュクリームのできあがり。イチゴチョコなどで作っても美味しいですよ。

cookpad.com
簡単ガナッシュクリーム

生クリームをカロリーダウン!

ココナッツミルクの固まっている部分だけを泡立てたクリームは、生クリームそっくりですがカロリーは低め。細かく刻んだイチゴなどフルーツを加えても美味です。

ココナッツミルクの生クリーム

自分で作ればもっと美味しい♡

最初は少し難しく感じるかもしれませんが、必要な材料の数が少ないので慣れれば気軽に作ることができますよ。大きさや間に挟むクリームを自分好みにアレンジして、もっとマカロンを堪能しましょう♡

記事に関するお問い合わせ