無料の会員登録をすると
お気に入りができます

二重を作るにはコツがある!SNSで話題の水で貼るアイテープ「shefun」3種徹底比較![編集部レポ]

SNSで一時話題になった水で貼る「shefun」のアイテープ。3種類あるので、自分のまぶたにどれが合うのかわからない!という方も多いはず。そこで、編集部がすべて試し、それぞれの特徴を徹底比較!さらに1日中持つのか?二重のクセ付けには使えるのか?も検証してみました♡

メイク

この記事のHowBガール

ヨコシマリンコ

HowB編集部スタッフ

アイプチ歴10年!定番の二重のりから、皮膜式やファイバー、絆創膏タイプなど、さまざまな二重グッズを使用してきた私が徹底的に試します!最近はダイソーの「のび~るアイテープ(絆創膏タイプ)」を愛用していましたが、乗り換えの予感。

SNSで話題の水で貼るアイテープ「shefun」とは?

shefun メッシュ アイテープ 左から、半月太め、楕円、半月細め 各¥545(税抜) ※価格変動あり

二重まぶたを作る「shefun」のアイテープは、シール部分を水で濡らすことによって粘着力が増すというちょっと珍しいタイプ。切手をイメージするとわかりやすいかもしれません。

中に入っているものは?

・メッシュテープ384枚
・ミニスプレーボトル1本(縦8cm・横2cm)
・V型ピンセット(全長5.5cm)
・Y型スティック(全長8cm)

あとは水さえあればすぐに使用することができて便利!

種類は「半月太め」「楕円」「半月細め」の3つ。まぶたの厚みに合わせて選ぶのがおすすめとか。

【半月太め】まぶたが厚めの人向け
【楕円】まぶたの厚みが普通の人向け
【半月細め】まぶたが薄めの人向け

アイテープは極薄のメッシュ素材でできており、乾いた状態だと表面はザラザラとした感じ。

とはいえ、まぶたの厚み以外にも、二重幅や目の大きさなども関係してくるため、実際どれが自分のまぶたに合うのか、3種類すべてを試してみました♡

試しに腕に貼ってみると、こんな感じ。私の肌の色よりアイテープの色の方が少し濃いものの、かなりなじんでいて、ほとんど目立ちません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ