無料の会員登録をすると
お気に入りができます

二重を作るにはコツがある!SNSで話題の水で貼るアイテープ「shefun」3種徹底比較![編集部レポ]

SNSで一時話題になった水で貼る「shefun」のアイテープ。3種類あるので、自分のまぶたにどれが合うのかわからない!という方も多いはず。そこで、編集部がすべて試し、それぞれの特徴を徹底比較!さらに1日中持つのか?二重のクセ付けには使えるのか?も検証してみました♡

メイク

塗り方としては、顔を少し上向きにしたら、表情筋を使ってできるだけまゆ毛を上げます。その状態で視線を下に向けると一時的にまぶたの線がなくなるので、その状態で消したい線の部分に皮膜式のアイプチを塗布し、乾くまでキープします。

そうすることで元々の二重線で折りたたまれることがなくなり、その後、アイテープで作った二重幅で折り込みやすくなります。

メッシュアイテープ:楕円タイプを使用
皮膜式アイプチ:K-パレット リアルダブルアイリッド 01 クリア ¥1,500(税抜)使用

皮膜式で不要な線を消してから、作りたい二重幅のラインに沿ってメッシュアイテープ(楕円)を貼ることで、広めの二重幅を作ることができました!アイテープや皮膜式だけで二重幅が作れない人は、ぜひこの方法を試してみてください♡

汗をかいてもアイテープで作った二重は1日持つ?

1日活動後の目元(楕円タイプ+皮膜式アイプチ使用)

朝メイクをして、夜までアイテープが持つのか?試してみました!この日は猛暑で、何度かタオルで顔の汗をぬぐいましたが、アイメイクのお直しはゼロ。アイテープは剥がれることなく、しっかりとまぶたに密着した状態で、余裕で持ってくれました。

日中、確認のために何度かアイテープを指で触れましたが、「二重がとれる」「人にバレる」などの心配もなく、ストレスフリーに1日を過ごすことができました♪

ポイント

強くこすってしまったり、雨に降られてびしょ濡れになる……などの可能性もあるため、アイテープの台紙ごと切って数枚をポーチの中に忍ばせておくと万が一の時も安心です♡

結果:二重難民さんは試す価値あり!

正直なところ、まぶたには個人差がありますし、どんな二重になりたいかによっても変わってくるため、「どのタイプがどのまぶたにいい!」と一概にお伝えすることはできません……。

ちなみに就寝中の二重のクセづけも数日試してみましたが、朝テープを外すと1時間ほどで元の二重に戻ってしまう結果に。続けていけばクセがつく人もいるのでは?という感想でした。

私のお気に入りは、1番バランスの取れた「楕円タイプ」。ずっと使っていたダイソーの「のび~るアイテープ」を卒業し、楕円タイプに乗り換えました♪お値段も手頃で、Amazonで購入可能なので、二重難民さんはぜひ試してみてくださいね~♡

撮影/ヨコシマリンコ

※価格は全て編集部調べ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ