無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬にとってはキツイ『NGな香り』4選!どんな香りならOKなの?

嗅覚がとても優れている犬は香りに敏感といえます。そんな犬はにおいのキツイものや本来自然界には存在しないにおいを苦手だと感じることが多いそうですよ。では逆に犬はどのような香りを好む傾向にあるのでしょうか。

ペット

1.タバコ

「タバコのにおいが苦手…」という犬は数多くいます。ですので、タバコを吸っている人は口や手、衣服にタバコのにおいを染み込ませていることが多いので犬に嫌われやすいそうですよ。

私たち人間もタバコの煙のにおいがすると不快に感じることがありますが、鼻の良い犬はさらに苦痛に感じやすいのでしょうね。また犬がタバコの煙を吸い込んでしまうと気管支炎や肺がん、鼻腔のがんなどの病気を発症しやすくなるといったリスクを負ってしまう可能性も高くなってしまうといえるでしょう。

さらにタバコを誤飲してしまうとニコチン中毒を引き起こし命を危険にさらしてしまう場合もありますので、安全のために愛犬の近くではタバコを吸わないようにしてあげましょう。

2.お酒(アルコール)

お酒(アルコール)の香りも犬が苦手に感じやすいにおいとなります。お酒特有の香りがすると私たちの鼻でも「お酒のにおいがする!」とすぐ分かるほどお酒って強い香りを漂わせますよね。もちろん犬は人間よりもはるかに優れた嗅覚を持っているので何十倍、何百倍もアルコール臭を強く感じていることでしょう。

事実、タバコ同様に犬はお酒の香りがする人に近寄りたがらないことが多いようですよ。またにおいに敏感な犬はお酒の香りを嗅ぐと軽く酔ってしまうことがあります。

アルコール中毒の症状がでるほどはありませんが長時間アルコールの香りを嗅がせていると体に悪影響が出たり、アルコール中毒と同等の症状が出てしまう可能性もゼロではないと思いますので、できる限り犬にはお酒の香りを嗅がせないようにしてあげてくださいね。

もちろん犬がお酒を飲んでしまうと少量でもアルコール中毒を起こしてしまうことになるので絶対に飲ませないよう気をつけることも大切といえるでしょう。

3.酢・コショウなど刺激臭がするもの

犬は嗅覚が優れているので基本的に刺激臭がするものはNGとなります。例えば『酢』や『コショウ』といった人間がよく使う調味料も犬にとってはキツイにおいとなるのでNGといえるでしょう。

ちなみに酢のツンとしたにおいは犬が不快感を感じやすいので犬のしつけ用アイテムとして使われることがよくあります。例えば愛犬が家具をガジガジ噛むときは、薄めた酢をスプレーで家具に吹き付ければ愛犬がにおいに反応して噛まなくなることが多いそうですよ。

ただ犬のなかには酢にたいしてアレルギー反応が出てしまう子もいますので、酢を使うときは念のためアレルギー検査することをおススメします。

4.人工的な香り

『人工的な香り』も犬が苦手に感じやすいキツイ香りとして有名だったりします。

・香水
・芳香剤
・柔軟剤
・湿布
・殺虫剤
・マニキュア
・化粧品

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ