無料の会員登録をすると
お気に入りができます

節約しながら自分を褒めてあげたい♡お金をかけずにできる「ご褒美」7つ

小さな目標を達成したときや「今日は頑張った!」と思える日は、自分にご褒美をあげたいですよね。しかし買い物や旅行などお金がかかることばかりでは貯金が増えず、負担に感じてしまうのではないでしょうか?そこで今回は、お金がかからない自分へのご褒美についてご紹介します。

2017年7月
ライフスタイル

自分にご褒美をあげたい♡

小さな目標を達成するごとに自分に「ご褒美」をあげると、ますます頑張れそうですよね。また、最近頑張り過ぎているかも...と感じる時期は、自分を少し甘やかしてあげることも必要ですよ。

とはいえ毎回高価なバッグやアクセを買っていたら、そのうちお財布が寂しくなってしまいますよね。罪悪感なく、もっと気軽にご褒美をあげるために、お金がかからない方法も知っておきましょう。

①お風呂に入る

時間を変えると特別な気分に♡

お家でできて心も体もリラックスできることといえば、やはりお風呂!夜ではいつもと変わらない日常になってしまうので、昼間に入るのがポイントです。

まだ明るいうちにたっぷりとお湯を張ったら、いつもより長めに入浴してみましょう。外に出てお金を使わなくても、贅沢な気分を味わうことはできるんです。

②図書館に行く

無料とは思えないほどの充実ぶり♡

図書館はお金をかけずに長時間楽しめる場所として、昔から定番ですよね。少し古臭いイメージもありますが、今はカフェのようなお洒落な施設も増えています。普段本を読まない方でも楽しめますよ。

また最近は、ネット予約ができるところも増えています。平日に気になる本を予約しておき、金曜の仕事後にまとめて取りに行きましょう。週末は家から一歩も出ずに読書三昧、なんて過ごし方はいかがでしょう?

③家にあるDVDをもう一度見る

確実に満足できる!

ノープランでのんびりしたい日にぴったりなのが、家にあるDVDをもう一度見ること。もしくは本や漫画を読み返してみても良いでしょう。

新作映画や小説でドキドキ感を味わうのも素敵ですが、納得のいかないエンディングでモヤモヤ感が残る可能性もありますよね。見終わった後に笑顔になりたいのなら、結末を知っている作品の方が確実です。

④お昼寝をする

好きなだけ眠るのもご褒美!

特に用事がない日のご褒美と言えば、お昼寝!一般的にお昼寝は短めにするべきだと言われますが、自分を甘やかしたい気分のときは別。眠りたいだけ眠れば、心も体もグッと軽くなるはずです。

ご褒美気分を楽しむために、ゆったりした服に着替え、ラベンダーなどアロマオイルをタオルに少し垂らして安眠できる環境を整えておきましょう。本を読みながらウトウト...というのも至福のひと時ですよね。

⑤昔の写真を見る

楽しい思い出がよみがえってくる♡

忙し過ぎて心が疲れてしまったときにおすすめなのが、昔撮った写真を眺めること。楽しかったときのことを思い出せば、自然とほっこりした気持ちになれるのではないでしょうか?

そして「またあの場所に行ってみたいな」と思えてきたら、次の旅行の計画を立ててみましょう。旅行は実際に行かなくても、あれこれシミュレーションするだけでワクワクしますよね。

⑥ピクニックをする

外で食べれば何でも美味しい♡

特に予定はないけれど天気が良いし外に出たい!という日は、ピクニックをしてみませんか?といっても、豪華なお弁当を作ったり有名な観光地まで遠出する必要はありません。

近所にある一番大きな公園で、冷蔵庫にあるもので作ったおにぎりやサンドイッチなどを食べて帰って来るだけでも十分です。外で何かを食べるだけで非日常を味わえるので、気分がすっきりしますよ。

⑦誰かを褒める

誰かを幸せにすると気分が明るくなる♡

少し恥ずかしいかもしれませんが、大好きな人たちに日頃の感謝の気持ちを伝えたり、相手の素敵だなと思うところを褒めてみましょう。直接会うのがベストですが、メールや電話で伝えるだけでも構いません。

それって相手へのご褒美では?と思われるかもしれませんが、相手が笑顔になれば自分の心も温かくなるはず。誰かに何かをしてもらわなくても、人とのつながりを通して幸せになることはできるんです。

お金をかけなくても心は満たせる♡

もちろんご褒美として自分に何かを買ってあげたり美味しいものを食べに行くのも最高ですが、頻繁にするのは経済的に大変。しかしその一方で、お金をかけないことならもっと気軽にできますよね。

こまめに自分を甘やかしてあげれば心が限界まで疲れきってしまうことがなくなるので、ストレスが溜まりにくくなりますよ。頑張ることも大切ですが、その後のご褒美も忘れないでくださいね♡

記事に関するお問い合わせ