無料の会員登録をすると
お気に入りができます

私、愛されてるの?男性が「会いたい」と言わない8つの理由

いつも自分から「会いたい」と言っていて、彼から「会いたい」と言われたことがない。それに気づいてしまったとき、とても不安な気持ちになりますよね。彼が「会いたい」と言わないのはどうして?

恋愛・結婚

彼が「会いたい」と言わないのは?

「会いたくない」わけではない理由があった

いつも自分から「会いたい」と言っていて、彼が「会いたい」と言っているのを聞いたことがない、なんて方はいませんか?自分だけが思っているのかと思うと、少し寂しい気持ちになるのではないでしょうか。

Photo by Ryan Holloway / Unsplash

実は「会いたい」と言わない男性も、「会いたくない」わけではない、理由があるようです。そこで「会いたい」と言わない男性心理を解説します。

1.「なんだか恥ずかしい」

甘えるのが苦手な男性もいる

「会いたい」と言うのは甘えているみたいで恥ずかしい、男らしくない、女々しいなんて思っている男性もいるようです。その恥ずかしさや、男性のプライドで言えないのでしょうね。

「会いたいと言って!」と無理強いするのはNG。「たまには本音を言ってくれるとうれしいな」「“会いたい”とか気持ちをストレートに言える人ってカッコイイ」と言うと、彼も素直な気持ちを伝えてくれるかも。

2.気軽に会えない

「会いたい」という言葉を安易に使わない

女性が「会いたい」と言葉にするのは、本当に「会いたい」からだけではありません。「寂しい」「一緒にいたい」「彼の顔を見たい」なんて相手への愛情を伝える意味がありますよね。

男性は「会いたい」=今すぐ会うために行動する、デートへのお誘いと思っている人が多いのです。しかし、仕事が忙しかったり、遠距離だったりで、気軽に会えない場合もあるでしょう。

その場合、会えないのに安易に「会いたい」と言えない人もいるのです。その彼は、言葉に重みを感じているので、きっと誠実な人。彼が「会える」ときまで待ってあげるのも優しさですよ。

3.デートプランを考えていない

彼女としてプランを提案

男性の言う「会いたい」はデートのお誘いでもあります。ただ「会う」だけでは、あなたも満足しないのでは? 店には入らず、ただ呼び出されて顔を見るだけだったらちょっと寂しいですよね。

記事に関するお問い合わせ