無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ズボラさんこそ実践したい♡2つの“1行家計簿”で節約&貯金が可能に

「節約できない・貯金ができない」と悩むなら実践すべきは「毎日1行書くだけ」の簡単な1行家計簿!今話題の2つの1行家計簿の詳細をまとめてご紹介いたします。

2017年7月
節約・マネー

今年こそ本気で貯金を頑張りたい!

家計簿をつけて「支出の無駄」を明確にしよう

2017年ももう残り半分。今こそ本気で節約や貯金に取り組みたいけれど、どうしていいかわからない…と悩んでいませんか?

www.pexels.com

そんなあなたを救ってくれるのは2つの1行家計簿の存在!それぞれ目的に応じて使うことで、今まで以上に無理なく自然に節約しながらお金を貯めることが可能になります。

毎日書くのはたった“1行”だから挫折しない

そこで今回はそんな気になる2つの1行家計簿の実践方法をまとめてご紹介いたします。

ぜひあなたも「1日1行書く」ことだけの実践で、お金が自然と貯まる習慣を身につけてみませんか?

①:家計全体を見直したい!

毎月何にいくらお金を使っているのかよくわからず、まずは基本の家計の見直しからはじめたい!という場合に便利なのが、人気ブロガーのあきさんが提案する「ズボラ家計簿」です。

項目ごとに1日の支出を1行に書き出そう

このズボラ家計簿術では、支出を具体的に書き並べていくのではなく、大体4~8個程度の項目に分けて1行にまとめて書くだけなので、毎日の記入の手間が大幅に短縮。

www.pexels.com

そのためこれまで何度も家計簿を挫折した経験のある方や、細かい管理が苦手と言う方からも「続けやすい!」と高評価を得ているのです。

「4大支出+カード払い」の可視化で無駄が一目瞭然

家計簿における基本は細かく書いて記録することではなく、「家計の具体的な支出の把握・見直しが一目でできる」こと。

instagram.com

ここでは「食費・日用品・娯楽費・特別費」の4大支出とカード払いを可視化することで何にいくらお金を使っているのかがより明確に。(教育費やお小遣いなど設定項目はライフスタイルに合わせて増やせます)

記事に関するお問い合わせ