無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これって贅沢?優しすぎるのがつらい…「いい人」彼との付き合い方

彼が「いい人」すぎてつらい…贅沢かもしれませんが、そんな悩みを抱えている女性もいるのでは?「いい人」な彼とはどう付き合っていけば良いのか、お悩みと共に解説します。

2017年7月
恋愛・結婚

彼が「いい人」すぎてしんどい…

贅沢だけど悩んでしまうんです

「いい人」「優しい人」というのは、理想の彼氏として必ず挙げられるような特徴ですよね。そんな理想な実際な彼と付き合って、幸せを感じている女性も多いようです。

Photo by Elizabeth Tsung / Unsplash

しかし、「いい人」だからこそ、何で自分と付き合っているの?優しすぎてしんどい…と悩んでしまう女性もいるようです。そこで「いい人」な彼とどう付き合っていくのかご紹介します。

「いい人」な彼氏へのお悩みを解決

誰にでも優しくて寂しい

優しい人は彼女だけではなくて、誰にでも優しい人。少し不安になってしまいますし、ほかの人にもやっているのかと思うとドキドキもせず、彼女としてはちょっともどかしいですよね。

自分が卑屈になってしまう

穏やかで、ケンカを一度もしたことがない。したとしても、反論せず言い分を聞いてくれる。いつも自分のワガママを受け入れてくれる…まさにいい人すぎる彼氏ですよね。

そんな彼に卑屈になってしまうことが悩みという方もいるようです。彼氏がいい人すぎて自分がダメに見えたり、彼は優しいのに私は優しくできないと自己嫌悪に陥ってしまう人もいるのでは?

「本当に私でいいの?」と思うなら、安心してください。優しい彼が選んだのはあなたです。卑屈になるなら、彼の優しさを見習ってみてはどうでしょう?お互いに優しい、素敵なパートナーになれますよ。

過保護すぎて息苦しい

ちょっと咳き込んだだけで重病のように「大丈夫?」と心配されたり、帰りが遅いとすぐに迎えに来てくれたり…。大切にしてくれているのはわかるけど、過保護すぎて息苦しく感じてはいませんか?

しかし、彼が全く心配しなくなってしまうと、それはそれで寂しいと思うはず。彼の心配は、彼なりの愛情の形と理解すること。それでも、過度な心配がしんどくなってしまうなら、正直に伝えましょう。

なんとなく物足りない

彼のことは大好きだけど、面白味を感じない。たぶんすごく幸せなんだけど、なんとなく物足りない。もっと激しい恋愛をしたい…。そんな風に感じてしまい、また思ってしまうことに自己嫌悪を抱いてはいませんか?

彼が物足りないのではなくて、関係性がマンネリ化しているだけかもしれません。それなら、いつもとは違う時間に会ってみたり、アクティブで刺激的なデートにでかけるなど、変化を求めてみましょう。

また彼にぐいぐい引っ張ってほしいなら、それをお願いしてみてはいかが?「今日のデートは〇〇君の言う通りだけにするから」。優しい彼なので、そんな彼女のわがままも受け入れてくれるはずです。

それって本音?心の距離が遠い

人間は誰しもマイナスな部分を持っています。そんなところを見せず、いつも優しい彼に「これが本当の姿なの?」「私に本音を見せてくれていない?」と不安な人もいるのでは?

優しすぎる彼は何を考えているのかわからない。それなら、どうして彼は「いい人」なのか、優しすぎるのか、その本心も探ってみましょう。

「いい人」な彼の本心は?

彼の性格に合わせて、どう付き合っていくのかもチェックしましょう。

ただ彼女が大好き

本当に彼女が好きだから「いい人」になってしまうという人もいます。彼女が喜ぶ顔を見たくて、どんなことでもできる。何をされても許せるし、ワガママを言われても「かわいいな~」と思ってしまう。

本気で怒ることもないからケンカもない…なんていうように。そんな彼の愛情は素直に受け止めましょう。そして、あなたも優しさを彼に返せば、幸せな気持ちになれるのではないでしょうか。

察しが良すぎて気を遣っている

彼はもともと気を遣う性格ではありませんか?デートにでかけるとこまめに体調に心配をしたり、トイレに寄るのを尋ねてきたり、電話をすれば必ず「今大丈夫?」と聞いてくれたり。

彼は人の気持ちを察することが得意なのでしょう。彼女であるあなたには楽しくいてほしいのです。だから気を遣って、優しくなってしまう。それはあなたを思うがゆえの行動です。

ただし、彼が気を遣いすぎて疲れているなら、「私の前では気を遣いすぎなくてもいいんだよ」と受け止めてあげるのもありです。彼にとって、気を遣わなくても良い相手=特別な存在になれるでしょう。

嫌われたくないから優しさだけ見せる

自分の本性を見せて嫌われた過去があるから、優しさだけを見せてしまうなんて人もいます。本音を見せるのが嫌で、嫌われるのが怖くて、不安なのでしょう。

そんな彼には「どんなあなたでも好きだからね」など、愛情を伝えましょう。あなたの愛情を感じて、安心できるようになるまで時間が経てば、彼も少しずつ本心が見せられるようになるかもしれません。

失敗を恐れる優柔不断

何でも彼女の判断に任せるのは優しさ…ではなくて、彼が優柔不断なだけかもしれません。自分が選んで失敗するのが怖いので、他の人に決めてもらって安心したいのです。自己主張も苦手なのかも。

普段から彼は優柔不断ではありませんか?デートの行き先をなかなか決められない、外食のメニューを決めるのが遅い…など。

あなたがせっかちでなければ、ゆっくりと待ちましょう。「時間がかかっても大丈夫だよ」と言葉で伝えたり、雰囲気を作れば、彼も意見を言ってくれるようになるかもしれません。

「いい人」な彼ってステキ♡

人はないものねだりをしてしまうものです。リードしてくれる男性と恋をすれば、もっと優しくしてほしいと思うでしょう。しかし、相手に求めることとして“優しさ”は不可欠なはず。

そして、優しさに隠れた彼の本心もしっかりと受け止めていけば、二人の絆はもっと深まるはずですよ。

記事に関するお問い合わせ