無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もっと手軽にダイエット。意志の弱い人ほど試したい!お家でできる7つの「痩せる」習慣 ♡

お家で毎日続けられる「痩せる」ための新習慣をご紹介します。“ダイエットが長続きしない” “時間が取れない”。そんな方でも、生活の一部に「痩せる」ための意識をちょこっと取り入れるだけで、ダイエット効果が期待できますよ♡

2017年7月
美容

頑張りすぎない♡

夏を目前に本格的にダイエットしたい!でも、ストイックな運動や食事制限って辛いし長続きしないんですよね。“頑張るのが苦手。”そんな方は、毎日続く「痩せる」ための習慣を生活に取り入れてみましょう。

特別なトレーニングや食事法は必要ありません。いつもの生活にちょっとした意識を持つだけで、十分ダイエット効果が得られますよ!

誰にでも簡単に取り入れられて、気がついたら毎日の習慣になっていた!そんな“痩せ体質”を手に入れるために、お家でできる痩せるための過ごし方をご紹介します。

1、早起き習慣で代謝を上げる

早起きをして朝型の生活に切り替えると、何もしなくても自然と代謝量がアップします。午前中は基礎代謝が高いと言われているので、早起きをした分消費するカロリーが多いんです。

朝日を浴びて体を目覚めさせたら、少し体を動かし代謝を促して。朝一番に代謝を高めておけば、その効果は一日中持続します。洗顔したついでに、洗面台で軽く背筋を伸ばすだけでも良いですよ!

2、正しい姿勢で生活する

「自分を綺麗に見せるため、正しい姿勢を意識する。」たったこれだけでも、基礎代謝を高めることができるんです。姿勢を意識しながら過ごす事で 体の体幹が鍛えられ、痩せやすい身体に変化します。

お腹に脂肪がたまる原因は、姿勢の悪さ。ポッコリお腹を解消したいなら、正しい姿勢で生活することが“くびれ”を手に入れる近道ですよ。まずは動画を参考に、自分の姿勢のチェックをしてみましょう。

3、意識して呼吸をしてみる

普段何気なくしている「呼吸」も、少し意識を高めるだけで“ウエストの引き締め効果”が期待できるんだそう!下腹を凹ませたまま胸全体に呼吸を入れ、肋骨が小さくなるのを感じながら呼吸を吐きます。

気づいた時に5呼吸続けてみるだけでも、腹筋に効き目が感じられます。たったこれだけでウエストが引き締まるなら、今すぐ試してみる価値ありますね!

instagram.com

4、食べ方改善!よく噛んで食べる

よく噛んで食べると「満腹感」が感じられるので、食べ過ぎることもありません!噛むという動きはエネルギー消費にも繋がりますし、カロリーコントロールがしやすいダイエット法なんです。

www.pexels.com

調理にも一工夫!

太らない食べ方のコツは、30回を目標に とにかく噛むこと! とも聞きますが、それが難しいなら、野菜を大きめに切ったり加熱時間を短くするなど、噛み応えのある料理に調理する事も一つのアイデアですよ。

5、鏡ダイエット

有名モデルや女優さんが体型をキープする方法として、“全身鏡で自分のカラダを全裸でチェックする”って聞いた事ありませんか?自分の体を鏡に映し現実を目にすることで“自身の体を修正しよう”という心理が働くそう。

痩せる方向に意識が高められれば、ダイエットへのモチベーションもアップできます。一日一回、鏡を見るだけ! 正面を映すだけではなく、後ろ姿や様々な角度で自分を見つめ直して。

6、ながらエクササイズ

運動する時間やエクササイズに出かける暇がなければ、お家で〇〇をしながらの「ながらエクササイズ」がオススメです。

テレビを観ながら

テレビを観ながらの時間も有効に活用しましょう。テニスボールに足裏を軽く踏みつけるようにコロコロすれば、 血行が良くなり代謝を上げる効果が得られます。気持ちが良くて、病みつきになるんだそう。

歯磨きをしながら

歯磨きをしながらの下半身痩せトレーニング。日常の動作にちょっとの動きをプラスするだけなら、ダイエットも長続きしそう。姿勢正しく立ったら、足を後ろ方向に伸ばしてヒップアップの運動を。

7、寝る前のストレッチ習慣

就寝前のストレッチには、その日の疲れを翌日まで持ち越さない効果があります。疲れた体に本格的なトレーニングはキツイけど、簡単な動きをたった3分だったら続けられそうな気がしませんか?

instagram.com
寝る前にできる3分ヨガ 詳しくはこちら

今日はここを引き締めたい、気になる部位を集中トレーニングして体をリセットさせましょう。睡眠中は質の良い眠りをもたらしてくれますよ!

毎日続けることが大事♡

今日から試せる新習慣、いかがでしたか?ダイエットは緩く長く続けることが成功の秘訣!生活の一部に「痩せる」ための意識をちょこっと取り入れて、理想のボディを手に入れてみて下さいね♡

記事に関するお問い合わせ