無料の会員登録をすると
お気に入りができます

教えて収納上手さん!デッドスペースを使った収納力アップ術

インテリア

ドアと壁の間に浮かせた収納を

ドアと壁の間のデッドスペースには、浮かせた収納もおすすめ。体重計など毎日使うものは、取り出しやすさも大切です。設置する際は、耐重量などを確認しておきましょう。

隙間収納

冷蔵庫との隙間に

冷蔵庫とキャビネットの隙間があるなら、かける収納をするのもおすすめです。鍋つかみやティッシュ、掃除セットなどすぐに使うものは、やっぱりかける収納が一番!さらに調味料などをおしゃれにディスプレイもできますよ。

高さをそろえて

隙間収納は収納力が上がる一方、圧迫感がある場合も。そのため隙間空間に収納アイテムを置く場合は、高さをそろえるのがおすすめ。それだけで一体感が出て、すっきり見える効果もありますよ。

シンク下引き出しを有効活用

シンク下の浅い引き出しがあまり大きくない場合、メラミンスポンジや布巾、ポリ袋の収納がぴったり。取り出しやすいようにボックスごとに分類すれば、見た目もきれいに片付きます。

さらに引き出しタイプの収納は、開けた途端に中のモノが動いて、よれてしまうことも。そこで仕切り板を使って、ボックスに固定しましょう。それだけで収納したアイテムが動かず、きれいなまま整理整頓できます。

開き戸のシンク下収納

仕切り棚を使えば、シンク下の収納力がアップ。コツは一つの仕切り棚だけではなく、複数を組み合わせること。高さの違う棚を組み合わせれば収納できるアイテムの幅も広がります。

同じ大きさのボックスをそろえて

クローゼットの中に洋服をかけると、どうしても下にデッドスペースができてしまいます。ただモノを置くのではなく、同じ種類のボックスを並べましょう。それだけで収納力がアップして見た目もスッキリしますよ。

記事に関するお問い合わせ