無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おっさん化に注意!結婚・同棲後に彼がガッカリする行動6選

一緒に暮らし始めるということは、今まで彼に見せてこなかった姿を見せるということ。安心感からあまりに気を抜きすぎると、彼を幻滅させてしまうかも。愛され続けるためには最低限の気遣いや美意識が欠かせません。ここでは、彼の前では避けるべきNG行動をご紹介します。

2017年7月
恋愛・結婚

「ありのまま」を見せすぎないように注意!

大好きな人との生活は幸せいっぱいですね。でも、完全に緊張感をなくして女を捨てたふるまいをしていると、彼の愛情も冷めてしまうかもしれません。女性として気を付けるべき生活習慣を見ていきましょう。

1 化粧前・化粧後の落差が激しすぎる

恋人同士の頃は、最高に綺麗な自分だけを見せるように努力しますよね。一緒に暮らすようになれば常にばっちりメイクというわけにもいかないでしょうが、オフとオンの差が大きすぎるのは考えものです。

girlydrop.com

ボサボサ頭や色気のないメガネ姿、眉毛のない顔、産毛の生えた口元、手足のムダ毛などを見てしまったら、彼は理屈抜きにゲンナリしてしまいます。女性として最低限の身だしなみには気を遣ってください。

2 掃除・片付けをせず部屋が散らかり放題

一人暮らしをしていた頃は、どんなにズボラな人でも彼を部屋に招く際にはがんばって掃除をしていたはず。いざ一緒に暮らし始めると緊張感が抜けて、つい掃除や片付けをさぼってしまっていませんか?

仕事を終えて帰宅したとき、部屋が汚いと彼は幻滅してしまいます。掃除や片付けは溜めないのがコツ。出した物は元の場所に戻す、床の上に物は置かないなど、毎日の片付けのルールを決めることをおすすめします。

3 女性としての恥じらいがない

ハダカが見慣れたものになると、「ありがたみ」がなくなってしまいます。女性としての価値をキープするには、ここぞというとき以外にはなるべく見せないようにするのが鉄則です。

彼の目の前で下着姿になって着替えたり、お風呂上がりに全裸でウロウロしたり、下着を脱ぎ散らかしたりなど、女性としての恥じらいを忘れたふるまいは厳禁です。

4 挨拶やお礼の言葉を言わない

一緒にいることが当たり前になると、「おかえり」「いってらっしゃい」「ありがとう」など挨拶や感謝の言葉を言わなくなりがちです。お互いが空気のような存在になると、いつしか会話もなくなってしまうでしょう。

言わなくてもわかってもらえると思っていると、気持ちを言葉にする努力をおろそかにするようになります。二人の絆を保つために、毎日のちょっとしたコミュニケーションを大切にしてくださいね。

5 楽な服しか着ない

着ていて楽な服はユルユルダボダボなシルエットが定番です。スエットやウエストゴムのボトム、ブラトップ、ぺたんこ靴、お腹すっぽりショーツなど楽なアイテムばかり選んでいると、生活感が滲み出てきてしまいます。

人間はどうしても楽なほうに流れますが、緊張感のない状態に慣れきってしまうのは危険です。女を美しくするのは他人に見られているという緊張感です。たまには服やメイクに気合いを入れてお出かけしてみましょう。

6 小言ばかり言う

一緒に暮らしていると、相手の粗もわかってくるものです。生活習慣のちょっとした違いや彼のクセなどが気になると、つい小言を言ったりヒステリーを起こしたりしてしまいがちです。

ネチネチ小言を言われると、彼にとって家が安らぎの場所でなくなってしまいます。イライラすることがあっても、彼に不満をぶつけないように。話し合うなどして少しずつ折り合いをつけていきましょう。

いつまでも魅力的であろうとする意識が大事

いかがでしたか? 大切なのは、女性として常に美しくあろうという心意気と相手を思いやる気持ちです。良い意味での緊張感や基本的なマナーを忘れず、二人の絆をより深めるような生活を送ってくださいね。

記事に関するお問い合わせ