無料の会員登録をすると
お気に入りができます

押入れ 劇的Before→After!「捨てられない女」から脱出する方法

「捨てられない女」と聞いて、耳が痛い…という人も多いはず。「いつかまた使うはず」「思い出があるから…」と、なかなかモノを捨てられない皆さんをお助けするこの企画。収納のプロが、モノで溢れかえった読者宅の押入れを劇的に改善します。衝撃的なBEFORE→ AFTERのリアルドキュメントのスタートです!

2017年7月
インテリア

「捨てられない女」代表読者の押入れ

今回の「捨てられない女」代表は都内在住・会社員の高清理沙子さん、34歳。「おばあちゃんになっても古着を可愛く着ていたい♡」と話す高清さんは、古着の街・高円寺にある築30年のこのマンションに住んで5年め。ひとり暮らしを満喫中ですが、元バンドマンの彼との仲は良好で、この部屋にも頻繁に訪れるそう。ご本人曰く、「収納テクは人並みだと思います。この押入れ、そんなに汚くないですよね?」とのことですが…

モノであふれた押入れの惨状…

いざ押入れの襖を開けてみると、中はモノがゴチャゴチャ。もはや魔窟と化しています。果たして、この押入れはスッキリと変身できるのでしょうか。

”捨てられない女”を指導するのは…

収納スタイリスト・吉川永里子先生

収納に関する著書やメディア出演多数の人気収納スタイリスト・吉川永里子先生。自身の片付けられなかった経験を生かし、これまで2000人以上に片付け&収納テクをレクチャー。持ち前の明るさとトーク力、鋭いツッコミで、「捨てられない女」を容赦なくぶった斬るという噂です(笑)。

吉川永里子先生のHP「Room&me」へ

まずは押入れの問題点を洗い出し!

さっそく収納スタイリスト・吉川先生が高清さんの押入れの現状をチェック。すると、”捨てられない女”の特徴が浮き彫りに!

”捨てられない女”の特徴1:

引き出しがパンパン

収納ケースの引き出しは中身がパンパン! なかには、入りきらずに外に飛び出しているものも…。「こんな状態でどうやって引き出すの?」というレベル。

”捨てられない女”の特徴2:

とりあえず、袋に入れて突っ込む

捨てられない女は「いつか使うから、ひとまず取っておこう」が口癖。結果、とりあえず袋に入れて、押入れへ。そしてもちろん、このまま放置…中身が何だったのかさえわからなくなる始末。

”捨てられない女”の特徴3:

洋服ラックが瀕死の状態

押入れ用の洋服ラックを使ってはいるものの、見るからに容量オーバー。ラックのポールが服の重みに何とか耐えている様子が痛ましい。

”捨てられない女”の特徴4:

なのに空気を収納している

開けるのも困難なほど、引き出しの中身がパンパンなのに…なんと、なぜかほぼ何も入っていないスペースが!これはまさに「空気を収納している」状況。なんという矛盾!

”捨てられない女”の特徴5:

探しものが多い

「捨てられない女」はとにかく探し物が多い生き物。持ち物を把握していない&上手に収納できていないため、必要なモノがどこにあるのかわからず、探し物をするという状況に。

実践!持ち物の「見極め方」

吉川先生の指導のもと、まず最初にすべき行動は「持ち物を見極めること」。自分にとって必要か、不要か…しっかりジャッジしていきます。

STEP1. 押入れのモノを全部出す

最初にするのは「全部出す」作業。「この押入れにこんなに物が入っていたなんて…」と高清さん本人もびっくり。

吉川先生によれば、理想的な洋服の所有数は100枚前後とのこと。高清さんの押入れに入っていた洋服の総数(下着類は除く)は、236枚!なんと、倍以上の服を持っているということが判明。

STEP2.「使っているもの」を抜き出す

続いて、選定作業を開始! アイテムごとに対して、高清さんに「これは要る? 要らない?」と確認していく吉川先生。大量の洋服を前にポンポンとテンポよく選定していきたいところですが、「えーっと…今は着てないけど、またいつか着るかもしれないし…(モジモジ)」と煮え切らない高清さん。

「一番大切なのは“今”です。“いつか”っていつですか? 今までそのいつかが来たことはありますか?」と、辛口の吉川先生。そんなやりとりが続き、見極め作業後半には高清さんも「それは要ります」「それは要りません!」と即決できるまでに!

<必要なモノの見極め方>

◉「今使っているか?」

見極め方の要となるのが「今使っているかどうか?」。「前は使っていた」「いつかまた使う」、そんな風に過去と未来に置き換えて考えるのはNG! それではいつまでも「捨てられない女」のまま。重要なのは「今」。今を基準に判断しましょう。

なんとタグ付きの洋服が10着以上…

モノの選定を進めていくと、タグ付きの洋服がわんさか出てきました。「買ったのになぜ着ない?」と尋ねる吉川先生に、「えー、だって買ったら満足しちゃったんですぅ〜(えへ)」と高清さん。これまで多くの捨てられない女を見てきた吉川先生も、口があんぐり…。

似たような茶色いパンツが4本も…

さらに注目すべきは、似たような洋服が多いこと。例えば、こちらの茶色のパンツ。すべてコーデュロイ製で、シルエットもほぼ同じ…。

「私、コーデュロイの茶色のパンツが好きなんですぅ♡」と高清さん。そんな彼女に「好きだと言っても、同じようなものをこんなたくさん要りますか?」と冷静な吉川先生。

◉「持っていると幸せになれるか?」

「今使っているか?」という基準で見極め作業にトライするも、どうしても判断がつかないときはどうすればいい? そこで有効なのが「持っていると幸せになれるか?」という自問自答。収納スペースを割いてまでも持っていることで幸せを感じるなら、それは無理に捨てることはないのだとか。

「彼が可愛いって言ってくれた思い出の服…」

「自分が幸せを感じるなら、無理に捨てなくてもいい」という吉川先生の言葉に気をよくした高清さん。「えっと〜、このワンピは彼氏が『可愛いね』って言ってくれたやつなんです♡ だから、捨てるのはちょっと…」。当時の思い出に浸り、ひとりファッションショーが始まってしまった高清さん…。

◉「今使っていなくても年に一度は必ず使う」

吉川先生曰く、「クリスマスツリーなどのように、一年に一度でも陽の目に当たるなら、取っておくのもアリ!」だそう。

右の古着のロングワンピースは滅多に着ないけれど、大のお気に入りで年に一度は着ているため、保存することに。

◉古くても愛用しているなら捨てる必要なし

また、古くても愛用しているモノに関してはもちろん取っておいてOK! 高清さんの場合はこちらのスタジャンが該当。

愛用歴15年と古いものながら、実際に着ているということで、“必要”チーム入りが決定!

STEP3.残ったモノを3つに分ける

「今使っているもの」を選んだら、続いて、残った物の仕分け作業を。「処分するもの」「迷っているもの」「保管するもの」の3グループに分けていきます。

①処分するもの

見極め作業で“不要”となったものは潔く処分。高清さんの場合、処分アイテムは洋服をはじめ、帽子やバッグ、靴など、トータルで121アイテムに!

フリマアプリやリサイクルショップで売る、家族や友達にあげる、古布回収などに出す予定。「捨てられない女」がここまで決断できたとは、モノを全部出し、向き合った成果と言えそうです。

②迷うもの

どうしても処分する決心がつかないときは、一旦キープ。「保留」と書いた紙袋に詰めて、押入れで保管を。このとき、必ず期限を設けること。もし、期限までに中身を使わなかったら、“不要=処分”すべきモノということ! 

高清さんは紙袋1袋分の保留アイテムが。「本当に必要かどうか?」は期日が来たら判明するはず。

③保管するもの

今使っていないモノでも、取っておくことに意味のある大切なモノは保管しておいてOK。「思い出箱」に入れるなどして保存しておきましょう。

高清さんの場合、「おばあちゃんになってからどうしても着たい!」というワンピースが該当。「保管する際は、クリーニング返却時のビニールカバーは湿気がこもるため外して、通気性の良い保存カバーに付け替えましょう」と吉川先生。

「捨てられない女」から脱出できた!

吉川先生の指導のもと、大量にあった持ち物を選定し、“必要なモノ”を見極めた高清さん。モノとしっかり向き合うことで、「捨てられない女」から見事脱出することができました。

次回、いよいよ収納作業に突入! 吉川先生の厳しくも愛情たっぷりの指導のもと、高清さんの押入れはどう変身するのか、乞うご期待!!

続きはこちら!↓

劇的Before→After「片付けられない女」の押入れ、スッキリ収納しました!

収納のプロが“片付けられない女”代表読者の押入れを劇的変化させるこの企画。先週公開した「捨てられない女編」では、押入れに溢れかえっていた大量の持ち物を見極め、本当に必要なモノだけを残すことに成功しました。今回はいよいよ、押入れにスッキリと収納する作業がスタート。限られたスペースをいかに賢く使うか、プロのワザから真似できるアイデアをたっぷり学びましょう。
5342

撮影/木谷基一(LIGHT-UP!) ライター/濱田恵理

記事に関するお問い合わせ