無料の会員登録をすると
お気に入りができます

理解してる? 知って損なしの「男のプライド」のトリセツ

「男のプライド」をきちんと理解していますか?知っていれば彼のプライドを踏みにじったり、よけいな争いを生み出すこともなくなりますよ。

恋愛・結婚

「負けたくない」と思うのも「負けたら見下される」と思っているから。見栄や自慢をしてしまうのも、少しでも相手より上になろうとするためです。

全て「認められたい」が根源にある

男のプライドというのは、「認められたい」「受け入れられたい」という気持ちが根源にあります。女性でもそういう気持ちは理解できますよね。それがプライドとして表面化する形が違うだけなのです。

プライドが高いなと感じる男性に対して、「本当は認められたいだけなんだな」「気持ちを受け入れられたいんだな」と思ってみると、理解しやすくなるでしょう。

これも?男のプライドを傷つける行動

「男らしくないよね」

「男らしくない」「男だったら」「男のくさに」「女々しい」と、男性としての価値を否定するような言葉はNG。男性のプライドを傷つけてしまいます。

女性でも「女らしくない」と言われたら、女性としての自分を否定されたような気分になるでしょう。それと同じこと。人にされて嫌なことは自分もしないのは、人として当たり前のことです。

聞かれてないのにアドバイス

プライドの高い男性は誰かからアドバイスや指摘を受けるのが苦手です。それは「あなたは間違っている」「あなたの能力が足りない」という指摘になってしまうから。

たとえば「今日、仕事でミスがあって遅くなったよ」と彼が言ったとき、なんて答えますか?「それは〇〇した方がいいんじゃない?」と聞かれてもないのにアドバイスすると、彼の気持ちは萎えてしまうみたい。

彼は今日あった出来事を報告しているだけで、アドバイスしてほしいわけではありません。なので「大変だったね」と言ってほしいだけなのです。聞かれない限り、アドバイスは不要です。

別の男性と比べる

つい他の男性と比べる発言をしていませんか?「〇〇ちゃんの彼氏がもう昇進したんだって」と男のプライドにも関わる仕事や年収で比べたり。「あなたの上司、ステキだよね」と男性としての自尊心を傷つけられたり。

女性でも「女友達の〇〇は料理上手でさ~」「おまえの友達、かわいいよな」なんて言われたら嫌ですよね。人と比べられるのは誰でも嫌なもの。口癖ならば控えましょう。

記事に関するお問い合わせ