無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

理解してる? 知って損なしの「男のプライド」のトリセツ

「男のプライド」をきちんと理解していますか?知っていれば彼のプライドを踏みにじったり、よけいな争いを生み出すこともなくなりますよ。

恋愛・結婚

知っておきたい“男のプライド”

男性ならではのプライドがあった

知らずに男性のプライドを傷つけてしまったことはありませんか?女性からすると「え?こんなことで?」なんて思うことでも、男性は傷つきます。

それは、女性と男性のプライドと言うのは少し違うから。そこで“男のプライド”に着目し、どんなものかを理解して上手に付き合っていく方法を考えましょう。

“男のプライド”とは?

男らしくあれ

「男は泣かない」とか「尊敬される立派な男になれ」とか小さい頃から言われていたり、自分自身にそう言い聞かせている人もいます。「男はこうあるべきだ」というものを持っていて、そうありたいと思っているのです。

恋人を喜ばせられる満足感

恋愛においては彼女を喜ばせたということが、男のプライドに直結しているようです。デートで喜んでいたり、自分と一緒にいるときは笑顔だったり、楽しそうに過ごしてくれているだけで自尊心は満たされます。

逆に自分の思ったような反応ではなかったり、彼女が不満そうだとプライドが傷ついてしまうようです。それが怒りやイライラとなって表れてしまう人もいます。

人に負けたくない

人と自分を比べ、劣っているなら勝負して勝ちたい。人に負けたくない。常に「勝ちたい!」「負けたくない!」と思っているのも男性ならではのプライド。女性同士のマウンティングと似ているかもしれません。

ただ、プライドを傷つけないために強い人とは戦わず、弱い人ばかり相手にしている人もいます。そういう人は中身がなくて自信もないけどプライドが高いタイプ。目をつけられると厄介です。

見下されたくない

自分が“下”になってしまうことが許せないのも男性ならではのプライド。ちょっとしたアドバイスも聞き入れてくれないのは、その指示に従うと自分が“下”に見られてしまうと思ってしまうからのようです。

記事に関するお問い合わせ