無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ぽっこりお腹は姿勢が原因!?ウエスト・お腹を引き締める正しい座り方

痩せていてもお腹だけ不自然にぽっこりしているのは座り方が間違っているせいかも?!少しの意識付けで見た目も体の中も大きく変わる、正しい座り方とそのキープ法をご紹介します!

2017年7月
美容

たかが姿勢、されど姿勢

筋トレやダイエットをしても引っこまない下腹、実は座り方に原因があるかもしれません。たかが姿勢で?と思われるかもしれませんがデスクワークや食事、休憩時間などで普通に座っている時間は意外と長いもの。

そんな時間をどういう姿勢で過ごしているかは少なからず体型にも影響します。ここでは姿勢の良さがもたらすうれしい効果とお腹を引き締めてぽっこりを防止する正しい座り方&美姿勢のキープ方法をご紹介します!

ぽっこりお腹と姿勢の関係

使われない筋肉が脂肪を呼ぶ!

こちらの写真のように、猫背になると下腹が出るのがよく分かりますね。猫背は楽な姿勢なので筋肉をほとんど使いません。筋肉が使われないと代謝が悪くなり脂肪もたまりやすくなってぽっこり下腹が出来上がるのです。

骨盤の歪みで内臓下垂

猫背は骨盤が後ろに倒れる姿勢です。正常でない骨盤の傾きは、内臓下垂を招きます。またそのせいで内臓の働きが悪くなり便秘や冷え、むくみが引き起こされます。このようなことも下腹ぽっこりの原因とされています。

いいことづくめ!美姿勢のメリット

集中力アップにダイエット効果も!

姿勢が良いとお腹ぽっこりが解消されるだけではなく、他にも様々なメリットがあります。

Pin it
ピンもと: tchibo.pl
3

例えば交感神経が優位になって集中力がアップする、エネルギー消費が増えてダイエット効果が期待できる、実際は痩せていなくても痩せて見える、肩こりが改善するなどいいことづくめ! 早速取り組んでみましょう。

正しい座り方とは?

簡単&確実に骨盤を立てる方法

正しく座るには骨盤を立てることが必要不可欠。そのカギを握るのが「お尻の位置」と「座るときの体の傾き」です。2ステップで素早く&確実にできますよ。

PINOKO

①やや前かがみの姿勢になり、椅子の奥の背もたれに当たる所までお尻を持って行って座る(または椅子を大きく引く)少しつま先立ちになるとお尻が奥にいきやすい
②そのまま上体を起こす

この方法だと背もたれが骨盤を支えてくれるので後傾を防止できます。椅子が直角でない場合は、背中と背もたれの間にクッションなど厚みのある物を挟んで調整しましょう。

美姿勢キープの裏技5選

いきなり良い姿勢を長時間キープする必要はなく途中で休憩してもOKなのですが、徐々に時間を伸ばしていきたいところ。そこでなるべく長く美姿勢をキープする裏技を5つご紹介します。

1.足を広げて座る

Pin it
ピンもと: femina.dk
15

オフィスでは不向きな方法ですが、脚を広げて座ると骨盤が前に倒れやすくなります。つまり自然と美姿勢がキープできるのです。足を広げる角度は90°ほどでOK。

2.傾斜をつけて座る

PINOKO

バスタオルを何重かに折って厚みを作り、椅子の後方に置いてその上に座ります。段差ができることで足が前に傾斜します。このことにより、骨盤が前に倒れやすくなるのです。

動画では骨盤や背骨の状態とあわせて1と2の方法の詳しい解説があります。

3.肘を体の横に

正しい姿勢のキープには腕も大きく関係しています。

デスクワークでパソコンを操作しているときの腕の位置は体の真横です。そこから肘を直角に曲げた位置で作業できるよう、キーボードやノートパソコンの本体を体の方へ引き寄せましょう。

体が前に倒れにくくなるので、自然と美姿勢が保たれます。動画でもチェックしてみて下さいね。

4.座ってからのちょいエクサ

座ってから簡単なエクササイズをすることで体をほぐし、無理なく姿勢を保てるようにする方法です。エクササイズの後では座った時の楽さ加減が変わっていますよ。

PINOKO

①座ったまま(立っていてもOK)腕をだらんと体の横に垂らし手のひらが外を向くようねじる
②息を吸いながら肩甲骨を寄せ、肩を上げて5秒キープ。力を抜いて元に戻す。
③②を3回ほど繰り返す

動画に詳しい解説があります。

5.前腕を机につく

パソコン作業の時、肘から手首までの部分(前腕)を机につけると体重を分散できます。肘付き椅子なら理想ですが、肘付きがなくても少しでも体重を支える場所を増やし体を安定させることが重要です。

もちろん、足の裏とおしりがそれぞれきっちり床と椅子についていることが条件ですよ。動画もチェックしてみて下さいね。

座ってつくるスッキリお腹!

むやみに背筋をのばして疲れて習慣付かず、結果下腹がぽっこり・・・そんな悪循環を断ち切らなければ理想のボディーは手に入りません。

今度はちょっとした工夫の積み重ねで良い循環を作り、座っているだけでお腹が引き締まるよう自身に働きかけていきましょう!

記事に関するお問い合わせ