無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「パラレルキャリア」って知ってる?本業以外の仕事もこなす女子が最近増加中!

みなさんは「パラレルキャリア」という言葉をご存知でしょうか?簡単に説明すると本業を持ちながら、第二のキャリアを築くことなんだそうです。

2017年7月
ライフスタイル

「パラレルキャリア」って知ってる?

注目されている新しい働き方

「パラレルキャリア」という言葉をご存じですか?今、新しい働き方として注目されている言葉で、最近女性たちもパラレルキャリアを始める方が増えているんです。

パラレルキャリアとは?

第2のキャリアを築くこと

パラレルとは英語でparallel=並行という意味。本業がありながらも、並行して「第2のキャリアを築く・活動をする」というのがパラレルキャリアです。

今の時代は退職するまで同じ会社で働けるということが少なく、さまざまな働き方が見直されるようになりました。パラレルキャリアもその一つなのです。

副業との違いは?

本業のほかにも仕事をするのは、副業やWワークと一緒ではないか?と思う方もいるでしょうが、少し違います。副業との違いは「報酬を得ることだけが目的ではない」こと。

仕事でのスキルアップや、将来への自己投資、自分自身のために行います。そのためボランティアやスポーツなどをパラレルキャリアとして行っている方もいるのです。

第2の“仕事”ではなく第2の“人生”を考える活動とも言えます。自分が本当にやりたかったことを始められますよ。

どんなパラレルキャリアがあるの?

パラレルキャリアと言っても、具体的にどんなことをするのかイメージが湧かない方も多いと思いますので、さまざまな働き方の中から一部をピックアップしてみました。こちらをご覧ください。

・芸人×小説家
・会社員×スポーツ選手
・会社員×会社員
・会社員×ブロガー
・会社員×ボランティア
・主婦×翻訳家

…などなど。例えばお笑いコンビピースの又吉直樹さんは芸人でありながら小説家としても活動していますよね。それもパラレルキャリアのひとつ。

他にも会社員をしながらスポーツをしたり、翻訳家として活動したり、とさまざまなパラレルキャリアがあります。

パラレルキャリアの始め方

どうやって始めたら良いの?という方へ4STEPで叶えるパラレルキャリアの始め方をご紹介します。

1.好きなことを書き出す

パラレルキャリアとしてやりたいことを選ぶときの目的として「キャリアアップになるのか」はとても大切。しかし、本当に自分が好きなこと、そして得意なことでなければ継続できませんよね。

なので、まずは自分を見直してみて、好きなことや得意なことを書き出してみましょう。それがパラレルキャリアを始めるスタートです。

2.やってみたいことをリスト化

「好きなこと」や「興味のあること」を書き出して、そこから「興味のあること」「やってみたいこと」を考えてみましょう。海外に興味があるから英語の勉強をしたいとか、カメラが好きだから発信したいなどの動機を探ります。

それも書き出して、リスト化しましょう。

3.リストを元に活動を調べる

やりたいことのリストをもとに、実際のパラレルキャリアについて調べてみましょう。例えば音大を出ているけど事務職をしていて、もっと活かしたいなら「ピアノ パラレルキャリア」などで検索。

いろんなパラレルキャリアの活動があるので、その中で自分がやりたいものを見つけて取り組みましょう。実際にやっている人から話を聞いたり、ブログを読んだりするのもありです。

4.継続する

たった1回何かに取り組んで満足…は非日常なイベントに過ぎません。パラレルキャリアは継続して、それをキャリアにできるようにすることが大切なのです。

1度経験してから、自分に合わないと思うなら別のパラレルキャリアを考えても良いです。「これだ」と思うものが見つかったら、続けていきましょう。

パラレルキャリアのメリット

持っている経験を活かせる

専門的な大学や学校に行ったものの、今は関係のない仕事についている。仕事のために資格を取ったけど、ほとんど活かされていない。こんな風に自分の経験やスキルを本業に活かせていない人は多いです。

それなら、パラレルキャリアで活かせる場を見つけませんか?せっかくの持っているスキルを使わないのはもったいないです。

起業・副業の準備ができる

いきなり副業を始めたり、今の仕事がなくなったから新しい仕事を始めたり起業しようとしても、準備で時間がかかります。

そこで本業で働きながら、パラレルキャリアで経験を積むことで、起業や副業のためにしっかりと準備できます。もし本業がなくなったとしても大丈夫という、経済的な面でも安心できるでしょう。

本業にも生きる

パラレルキャリアが本業に生きることもあります。たとえばスキルを身につければ、そのスキルを使って本業での業績アップにつながるかもしれません。また、パラレルキャリアで得た人脈が本業で活かされることもあるでしょう。

同じ仕事ばかりしていると視野は狭まってしまいます。パラレルキャリアは本業での視野を広げることにもつながるのではないでしょうか。

気軽に始められる

パラレルキャリアは、そもそも行なっていくこと自体に意味があります。だから、報酬や結果を出そうと頑張りすぎなくても良いので、気軽に始められるでしょう。

人との出会いが大きな価値に

新しいことを始めると、今までは出会わなかった分野の人たちと知り合うこともできます。そうして新しい人脈を作ることが、本業やプライベートにも活かせるかもしれません。

自己管理力UPに

本業とパラレルキャリアを両立するには、スケジュールやお金の使い方、体調管理、時間管理を見直す必要があります。やりくりするうちに自己管理力が高まり、効率的に働けるスキルもつくはず。

自分自身を見つめ直せる

Photo by rawpixel.com / Unsplash

自分が本当にやりたいことをできれば、人生が生き生きとします。今までの自分を客観的にも見られるでしょう。パラレルキャリアは何よりも自分のために一歩踏み出すことなのです。

パラレルキャリアのデメリット

忙しくなる

プライベートでも何かするようになれば、当然時間がなくなります。そのせいで本業に支障が出たら意味がありません。

体力的に、精神的に、しんどいというなら、無理はしすぎないこと。本業が忙しくなる時期は、パラレルキャリアの活動は控えるなど、スケジュール調整もきちんと行いましょう。

お金がかかる

パラレルキャリアによっては、報酬が発生しないこともあります。逆に費用がかかることもあるでしょう。経済的な面で可能かどうかを考えることも大切です。

副業NGの会社もあるので注意

本業の規則も知っておくことが大切です。本業以外の活動を禁止している場合もあります。その場合は、無償の活動は可能であるかなど、方向を変えたパラレルキャリアを調べてみましょう。

あなたらしいキャリアを切り開いて

本業だけではなく、自分がやりたいことに取り組めるパラレルキャリア。今すぐにでも始められます。今の仕事に満足していない人、ずっとやりたかったことがある人は、本格的に働き方を変えてみませんか?

記事に関するお問い合わせ