無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今の時代だから見直したい。五感が刺激される“アナログ”生活

なんでもデジタルにできる時代で、物事が便利でスムーズな方向に進んでいきますよね。しかし、スピーディーなことだけが大切なのでしょうか。今の時代だからこそ“アナログ”な生き方も見直してみませんか?

2017年7月
ライフスタイル

アナログな生き方をご提案

デジタルな時代だからこそ

何でもかんでもデジタルなこの世の中。とても便利で、スピーディーな時代になりましたよね。しかし、大切なのはスピードだけでしょうか。

本当はもっと丁寧にやりたかった、充足感がない、そんな風に感じている人もいるのではないでしょうか。そこで、デジタルな時代だからこそ、アナログな生き方に目を向ける提案です。

アナログな生き方のメリット

時間をかけられる

アナログなやり方をすれば、当然時間はかかります。しかし、それが最大の良さです。ゆっくりじっくり丁寧に、一つの物事に向き合うことこそアナログな生き方。

Photo by Lizzie / Unsplash

手間のかかることをすれば、その行動自体に意味があるものなのだと気づけます。新しい発想に気づけば、デジタルな実生活でも活用できることがあるかもしれませんよ。

ある意味の非日常を味わえる

Photo by Utomo Hendra Saputra / Unsplash

今は何でもデジタルなので、逆にアナログな生き方を取り入れることで非日常感を味わえます。あとで具体的なアナログな生き方について解説するので、それを読めばより納得いただけるでしょう。

心に深く届く

デジタルは簡易なので、どんどん広がっていきます。それは魅力のひとつ。アナログは広がるのもゆっくりです。相手のもとに届くまで、何でもゆっくり。その代わり、深く、相手の心に届きます。

アナログな方法を使ったり、配慮や気遣いをすることは、今の時代だからこそより心に染みるのかもしれません。

アナログの生き方を具体的に解説

たとえば、このデジタルをこんなアナログに替えてみませんか?という方法をいくつかご紹介します。

記事に関するお問い合わせ