無料の会員登録をすると
お気に入りができます

めんどくさがり屋の主婦が「やってよかった!」掃除がラクになった3つのコト

ライフスタイル

こんにちは。
二児の母でパート主婦の、サンキュ!STYLEライターはるなです。

今でこそ掃除が大好きな私ですが、
以前は「やり方も分からないし、とにかく面倒くさい」
と思っているようなタイプでした。

今回は、そんな私が「やって良かった」と感じた
掃除がラクになる3つのことをご紹介していきます。

1.床の余白を増やそう

物が何もない部屋が掃除しやすいことは簡単に想像がつくと思います。

あなたのお家を見渡した時に、床の余白はどのくらいありますか?

極力床にはものを置かないようにし、フリーなスペースを広げることで
簡単に掃除のしやすさをUPさせることができます。

狭い部屋やホコリが溜まりやすい場所の収納にはキャスター付きを選んで。

脱衣所やキッチンなど、狭くてホコリやゴミが溜まりやすい場所の収納には
キャスター付きのものを選ぶようにしてみて下さい。

動かせることで、狭い隙間も掃除がしやすくなります。

床に極力物を置かないこと、簡単に動かせるキャスター付きのものを選ぶことで
スペースが広くなり、ラクに掃除をすることができます。

2.ゴミ箱を置いておこう

「ゴミ箱を置いておくなんて当たり前じゃないの?」
と思われる方もいるかもしれませんが、

リビングや寝室などよく使う部屋だけではなく、
我が家は脱衣所や洗濯物を干す部屋、そしてまだ使っていない部屋にもゴミ箱を置いています。

その理由は、ゴミを見つけた時にそばにゴミ箱がないと
「後で捨てればいいや」と放置してしまいがちだからです。

同じ理由で、見つけた人がゴミや汚れをサッと拭き取れるように、
ドライシートや掃除用クロス、ハンディワイパーなど軽めの掃除用具も
それぞれの部屋に置いておくことをおすすめします。

気づいた人がちょこちょこ掃除をすることで、日頃からラクに綺麗を保つことができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ