無料の会員登録をすると
お気に入りができます

飼い主初心者必見!スキンシップで愛猫と仲良くなるための4箇条

ペット

猫を飼い始めたばかりのときは、慣れないお世話に戸惑って、愛猫の気持ちを思いやる余裕がなくなりがち。そんな最近猫を飼い始めた人のために、愛猫と仲良くなるためのスキンシップの心得4箇条をご紹介します。猫に嫌がられないツボを心得て、愛猫と信頼関係を育んでいきましょう。

1.猫の意思を尊重しよう

cat.benesse.ne.jp

猫は人の思い通りになりません。どんなに飼い主さんが愛猫とふれあいたいと望んでも、猫の気分が乗らなければスキンシップはうまくいかないのです。

「スキンシップのタイミングを決めるのは猫」ということを忘れずに、愛猫が甘えたそうに寄ってきたタイミングでスキンシップをしましょう。

そして何よりも大切なのは、猫が嫌がることをしないこと。無理やり抱き上げるようなことはせず、愛猫がリラックスできる環境でやさしくスキンシップしてあげれば、また飼い主さんのそばに寄ってきてくれるでしょう。

2.猫好みの距離感でスキンシップする

cat.benesse.ne.jp

猫とのスキンシップは、猫が落ち着ける場所で行いましょう。そのためには、猫が好きなフカフカの毛布や猫用ベッドなど、猫がくつろげるグッズを用意して、リラックスしやすい環境を作るのが◎。

そして、猫にはそれぞれ好みの距離感があるので、その猫にあった距離感でスキンシップを試みることも大切です。例えば、人と密着するのが好きな猫の場合は、膝の上に毛布などを置く、反対に、人と少し距離を保ちたい猫の場合は「ここまでなら来るかな?」という位置にお気に入りのベッドなどを置いて、猫のほうからやって来るのを待ちましょう。

愛猫が甘えたいモードでやって来たら、スキンシップタイムの始まりです。

3.好みのなで方を見極める

cat.benesse.ne.jp

スキンシップで愛猫をウットリさせるためには、猫の「好みの部位」を「好みの方法」で、適度になでるのがポイントです。

一般的に、猫は顔まわりから背中を触られるのを好み、足先やしっぽを触られるのを嫌がる傾向があります。ただし、猫の場合は個体差が大きく例外もあるので、愛猫を恍惚状態にさせるには、好みを見極めることが重要になるでしょう。

まずは、猫が一般的に好む部位を参考に、「どこを」「どんなふうに」「どれくらいの強さで」なでると愛猫が喜ぶのかを観察し、愛猫の好みを見つけてみてください。

4.フードやおやつで“いい印象”を与える

cat.benesse.ne.jp

愛猫との距離を縮めるためには、「飼い主さんのそばにいるといいことが起きる」と印象付けるのも有効です。

そのためには、愛猫が好きなフードやおやつを利用するのいい方法でしょう。「飼い主さんのところに行くとフードがもらえる(=いいことが起こる)」という経験を繰り返せば、愛猫にとって飼い主さんのそばが、より安心できる場所になりますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ