無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「これって運命かも」と思わせる♡3つの「ing」で恋愛をマスターせよ

恋愛における3つの「ing」をご存じですか?「タイミング」「フィーリング」「ハプニング」のことです。この3つがそろうと運命を感じて、恋愛も実るのだとか…。

2017年7月
恋愛・結婚

恋愛の3つの「ing」知ってる?

タイミング・フィーリング・ハプニング

恋愛における3つの「ing」をご存じですか?「タイミング」「フィーリング」「ハプニング」のこと。この3つがそろうと、人は運命を感じてときめき、恋愛成就にもつながるのだそうです。

Photo by Mahkeo / Unsplash

また、恋愛が叶ってから、つまり付き合ってからもこの3つの「ing」が大切になってくるのだとか。そこで、具体的にどんな3つの「ing」が必要なのかを詳しくご紹介していきます。

彼の恋心に火をつける3つの「ing」

3つの「ing」を実感させれば、彼の恋心に火をつけることもできるんです。意中の彼がいたら、この「ing」を意識して行動してみてくださいね♡

STEP1:恋に落ちる「タイミング」

出会うタイミング

彼は今、恋をしたいと思っていますか?恋をしたいタイミングは人それぞれ違います。彼女と別れたばかりで新しい恋愛で傷を癒やしたい人もいれば、しばらく恋愛は良いと思っている人もいるでしょう。

逆にフリー期間が長いからこそ1人の方が楽しいと思っている人や、そろそろ恋愛したいと思っている人もいるかもしれません。また、仕事が忙しかったり精神的に余裕がなければ、恋愛に発展しにくいかもしれません。

こんな風に時間と心の余裕+その人の考えを合わせて、恋愛したいタイミングに恋愛したい人と出会えると「運命だ」と思うようです。意中の彼に余裕があって、恋愛に意欲的だとわかってからアタックしていきましょう♡

告白するタイミング

告白する勇気がなくて、いつの間にかライバルに先を越されたり。逆に一方的に気持ちが高まって、つい告白を早まってしまっていては恋は実りませんよね。好意を伝えるタイミングも重要です。

お互いに気持ちが高まって、すぐにでも付き合いたい!と思っているときがベスト。それまではじっくり距離を縮めましょう。

STEP2:ときめく「フィーリング」

共通の趣味で通じるフィーリング

フィーリングとは“気持ち”のこと。同じ時を過ごして楽しめるか、気持ちを共有しあえるか、それを「フィーリングが合う」と言います。

相手に好意を抱いてもらうなら、「彼が好きなもの」をあなたも好きになると良いでしょう。彼がコーヒー好きならおすすめのカフェを調べてデートに誘ったり、映画が好きなら映画デートをしたり…。

大切なのはあなたも楽しめるかどうかということ。彼だけが好きだと、合わせていて疲れてしまいます。まだ知らなくても今後好きになれそうなことなら、彼に教えてもらうことで距離も縮められるでしょう。

「共感力」で彼の心を鷲掴み♡

“共感”もフィーリングのひとつです。彼の話を聞くときは、彼の気持ちや感情に寄り添うことを意識しましょう。そうすると「この人はわかってくれる」と、彼はあなたのフィーリングを感じ取ってくれるはずです。

あなたの“直感”を信じる

相手に合わせようとばかりしていると、付き合ってからも合わせるだけになってしまいます。合わせすぎると、いつのまにか自分を隠したり、本当の気持ちが言えなくなって、しんどくなってしまいます。

だからこそ、あなたの素の心で彼に接してみましょう。そして直感的に「居心地がいい」と思える人こそ、本当にフィーリングが合う人です。この先も付き合っていきたいと思うなら、自分の直感を信じることも大切です。

STEP3:ドキッとさせる「ハプニング」

“偶然”は作り出せる

恋愛で距離をぐっと縮められるのがハプニング。急に雨が降って2人でずぶ濡れになったり、2度と出会わないと思っていたのに再会したり…。しかし、こんなドラマや映画のような出来事はなかなかありませんよね。

そこで、少しだけ彼をリサーチして、“偶然”を作り出しましょう。人は会えば会うほど印象が残りやすくなります。いつもと違う場所で会えば、“偶然”の出会い=「運命的」だと刷り込まれるのです。

たとえば、彼が通っているジムに通うとか、行きつけのカフェを訪れるとか。“偶然”彼に出会って距離を縮められるかも。ただし、彼の行動を全て把握して追いかけるのはストーカー行為。やりすぎに気をつけましょう。

共通点を探す

彼と何かしらの共通点はありませんか。同郷だとか、誕生日が一緒だとか、ニッチな趣味が同じだとか。彼との会話の中で、自然にその話題を出せば、お互いの共通点で盛り上がれるでしょう。

「えっ、私も埼玉なんです」とか「この曲、知ってます?」とか。リサーチしなくても実は共通の知り合いがいたとか、意外な共通点があったりするものです。

付き合ってからも3つの「ing」

恋愛は成就してからが本番です。付き合うのは2人においてのスタートでしかありません。この先も関係を続けていけるかどうかも、3つの「ing」が重要になってくるのです。

STEP1:話が合う「タイミング」

この会話のリズム、心地いい♡

恋人にとって会話は重要なコミュニケーションのひとつ。話したいタイミング、会話のリズム、相槌の打ち方など全てが心地いいと感じられると、相性が良いなと思ってもらえるようですよ。

彼がとにかく話したいときは聞くことに徹しましょう。彼が話しやすいように、相槌を打って、共感する。お互いに話し合いたいときは、気持ちに共感しながらも語り尽くす。自然と合うようになれば、理想的ですよね。

恋愛における“頻度”が合う

どのタイミングで連絡し合う、いつデートするのか、「好き」という回数は…。こんな風に、恋愛におけるコミュニケーションの“頻度”というのは、人それぞれ考え方が違います。

多ければ多いほど良いという人もいれば、多すぎるとしんどいので少なくても構わない、という人もいるでしょう。その“頻度”が合致すると、お互いにストレスなく過ごせます。細かいタイミングも大切なんですね。

STEP2:居心地がいい「フィーリング」

同じ感情・価値観を抱ける

全く違う人間でも、フィーリングが合えば居心地が良く一緒にいたいと思えます。大切なのは感情と価値観。同じことで驚き、笑い、怒り、泣き…という感情を共感したり、小さなことでも同じ価値観をもっていたり。

簡単なことでも良いです。彼が「腹へったわ~、ラーメン食べたい」と言ったら、「私も!ちょうどラーメンが食べたかった~」とか。彼から電話が来て「私も話したかった。なんでわかったの?」とか。

言葉にしていないのに意思疎通ができると、彼は「相性が良い」「運命かも」なんて、付き合いながらもときめきます。ただし、いつもやるとわざとらしいので、テクニックはたま~にだけ使いましょう。

オトナならスキンシップも重要

スキンシップのフィーリングが合うことも大切ですよね。体が合うというのは、本能的に「いい」「合う」と思えるからです。体がフィットするハグだったり、吸い付くようなキスだったり、その先も…。

このフィーリングは本能的な部分が大きいですが、お互いがコミュニケーションを取って何がベストなのか、すり寄せていくこともできます。少しずつでも前進すれば、フィーリングを合わせていくこともできるでしょう。

STEP3:マンネリを防ぐ「ハプニング」

“いつもと違う”だけで非日常

付き合っていれば関係もマンネリになります。それを生まないために必要なのが、交際時のハプニング。悲しいサプライズはいりません。浮気しているかもと思わせて嫉妬をさせるのは逆効果です。

あなたのギャップを見せるのは効果あり。いつも元気なのに、突然電話をかけて「甘えたくなっちゃった」とか。弱味を見せられると男性は無性にキュンとして「守ってあげたい」と思ってくれるようです。

また、昼間のデートばかりなら夜にデートするとか、いつもドライブデートなら徒歩で街を散策するとか。日常の中のちょっとしたハプニングで良いのです。ほんの少しの非日常感でマンネリ化は防げますよ。

3つの「ing」で恋を叶える♡

恋を叶えるために「ing」を使うことで、彼に「運命の女性」を意識付けましょう。付き合ってからも「ing」を意識することで、より仲を深めることができます。3つの「ing」を意識して、幸せな恋愛を手に入れませんか?

記事に関するお問い合わせ