無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ベルトに乗る腰肉をスッキリ♡1日1回「大腰筋ストレッチ」のススメ

スッキリとした腰周りを目指すには、インナーマッスルの「大腰筋」をほぐしてあげることが大切です。腰痛も和らいで、腰が軽くなりますよ♡とても簡単なので1日1回取り入れてみてください。

2017年7月
美容

腰周りをスッキリさせるストレッチ

贅肉がたっぷりつき、重たい印象の腰周りになってしまっていませんか?腰周りが太いと、全体的にどっしりとした印象になってしますので、どうにかしたいところですよね。

もしかするとその重い腰の原因は、大腰筋の衰えのせいかもしれません!

大腰筋って何?

「大腰筋」は、背骨と脚の付け根とを結ぶ身体の深くにあるインナーマッスルです。正しい姿勢や骨盤の安定を支えている非常に大切な筋肉なんです。

日常生活ではあまり使われず、衰えて固くなってしまいがちな筋肉。歩く、走るなどの動きが少ない人はその可能性が大です!

固くなるとデメリットが!

大腰筋が固くなると姿勢が悪くなってしまいます。間違った姿勢は、腰回りや下半身に贅肉がつきやすくなる原因になりますよ!それが腰痛や疲れにも関係しているのです。

そのまま放置していれば、代謝の悪化にも繋がるので注意が必要です。

ほぐせばスタイルも整う!

そうならないためにも、ストレッチでほぐしてあげましょう!固くなった大腰筋を働かせることで、体幹が安定し姿勢も整います。体力的な強化はすっきりとした腰周りを目指すためにとても大切なことです。

辛い腰痛の改善・予防にも役立ちますよ!

大腰筋ストレッチ

早速、大腰筋ストレッチを始めていきましょう。ヨガマットや絨毯の上で行います。腰に負担を感じる方は無理のない範囲でトライしてみてくださいね。

1、初級編

うつぶせに寝て、前腕を床につき上体を少し起き上がらせます。肩の力を抜き、まっすぐ前をみましょう。

あとは両足の膝を曲げて足先を天井へ向けるだけ。とても簡単ですが、しっかり大腰筋を伸ばすことができるメソッドです。太ももの前が伸びているのを感じましょう。

動画解説も参考に

分かりやすい動画も参考にしてみてください。ストレッチの解説は1:00頃からです。間に休憩を挟み、6呼吸キープ×10秒休憩を3セットのパターンをおすすめしています。

2、中級編

前足の膝を立てて踏み込み、後ろ足は真っ直ぐ後ろに伸ばします。前の足にぐーっと体重をかけ、後ろ足の前側を伸ばしていきましょう。

猫背にならないよう背筋を伸ばします。ここで深い呼吸を行いながらしばらくキープ。左右同様に行います。

動画解説も参考に

動きの解説は1:00頃からです。テレビを見ながらでも簡単にできるのが嬉しいですね。

3、上級編

まだまだ余裕があるという方にはこちらのストレッチがおすすめ。膝立ちの姿勢から、右足を一歩前にだしバランスをとります。

左手で左の足先をキャッチし、腰に近づけていきましょう。痛みを感じた場合は無理をしないで。あらかじめ、膝の下にタオルをひいておくと負担を軽減できますよ。

動画解説も参考に

こちらの動画では、手順を踏んで分かりやすく解説しています。左右で行っているので、見ながら真似してみてくださいね。

綺麗で快適なカラダでいるために。

背骨と足の付け根とを繋ぐ「大腰筋」をほぐして、すっきりボディを目指しましょう!腰周りの贅肉や辛い腰痛ともサヨナラできますよ。

自分に合ったレベルのストレッチを、まずは1日1回続けていってくださいね。

記事に関するお問い合わせ