無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「#シンプルライフ」で毎日を丁寧にポジティブに過ごしませんか?

最近Instagramでよく見かける「#シンプルライフ」。身の回りを整理整頓しモノを多く持たず丁寧に暮らす。そんな「シンプルライフ」の魅力とはじめ方をご紹介下さい。

2017年7月
ライフスタイル

あこがれの「#シンプルライフ」

シンプルな暮らしだから大切なものが見える

最近Instagramでよく見かける「#シンプルライフ」という言葉をご存じですか?身の回りを整理整頓して、モノを持ちすぎず、本当に必要なものだけで丁寧に暮らすことを指すそうです。

Media?size=l
instagram.com

シンプルに生きるからこそ、自分にとって大切なものがわかるはず。そんなシンプルライフについて調べてみました!

シンプルライフの魅力

“家”を考えるストレスが減る

シンプルライフをするとモノが少ないので、把握したり管理したりするストレスがありません。「どこにあるかな?」なんて探し疲れることもないし、片付けや掃除の時間も減ることもメリットです。

モノが多いと把握や管理も大変ですよね。知らない間にストレスも溜まってしまうことも。必要なものだけなので気持ちも楽に、そして居心地のいい暮らしが叶うでしょう。

空間が広がって心も広々

モノが多いと家の中が窮屈に感じてしまい、心に余裕がなくなることも。さらに「面倒だなぁ」という感覚になってしまうこともあるようです。

モノが減れば、空間に余白が生まれて同じ家でも広く感じるでしょう。部屋がスッキリすれば心もスッキリして、余裕ができますよ。

“大切なことだけ”をできる

モノが減れば、今まで多くのモノに使っていた時間を、身の回りに残った大切なものだけに費やせます。自分の大切なことだけに集中できる時間なら、心から楽しめそうですね。

今までやりたくてもできなかったことにもチャレンジできる余裕もできるでしょう。

節約と投資

シンプルライフをすれば、多くのモノに使っていたお金が減って節約になります。そして、本当に大切なことだけにお金をかけられます。

Media?size=l
instagram.com

良質な家具や家電に変える、習い事を始める、将来のための貯金など必要なものに投資ができます。

シンプルライフの始め方~実践~

暮らしを見直す

シンプルライフを始める前に、まずは日常生活を見直してみましょう。家の中、収納、服、食事、仕事…。「ここにはモノが多すぎる」と感じる場所は減らしましょう。

1日で片付けられるわけではないので、まず1つ1つ見直して、丁寧に片付けていくのがポイントです。

必要なものだけを選ぶ

モノを減らすという作業は、不要なモノを捨てることと思われがちですが、実は逆です。自分にとって必要なモノだけを選びぬくことがポイントです。

ただし、“捨てる”という視点から考えることも大切。1年以上使っていなかったり、明らかに品質が落ちているものは捨てましょう。

収納場所や置き場所を決める

モノは必ず定位置を決めておきましょう。モノを減らしているので、何がどこにあるか把握できるはず。さらに、収納場所は増やしすぎないこと。収納スペースが多すぎると、モノも多くなってしまうので気をつけて。

置き場所に他のモノを置かない

「〇〇は××に置く」と決めたら、その収納場所に他のモノは置かないようにしましょう。例えば家の鍵。小物入れに置くのはありですが、ほかにも細々としたものを入れておくと、鍵を取るのに手間取ります。

なので、鍵を入れるなら鍵だけ。収納場所を変えるのもありです。玄関にフックをつけて引っかけておけば、カギだけを置けますし、どこに置いたか忘れることも減るでしょう。

見える収納はよく使うものだけ

毎日使うモノだけを見える場所に置き、それ以外は見えない場所に収納しましょう。モノが見えない方がスッキリ片付いているように見えます。

服ならシーズンの服だけで、あとは衣装ケースに収納。洗面所は毎日使う歯ブラシなどだけ置き、たまに使う美容クリームは棚にしまう。玄関もデイリー使いだけ置き、それ以外は玄関箱に入れるなど。

使ったら片付けるのが鉄則

使ったままどこかに置いてしまうと、ごちゃごちゃとした部屋になりがちです。いつでもシンプルでスッキリとした部屋を目指すなら、使ったら元の場所に片付ける癖を付けましょう。

そのためにもモノの定位置を決めておくことが大切です。

新しいものを買うときは古いものを捨てる

モノを増やさないという心がけも必要です。何か新しいものを1つ買うなら、今家にあるものを1つ捨てましょう。ただ買うだけではモノが増えるばかりです。

大切にしたいシンプルライフな心

1つのことだけにじっくりと取り組む

忙しい日常の中で、何でも効率的に、素早く行うことが良いとされがちです。しかし、効率に追われると何をやっているかわからなくなり、やるべきことが脳内で複雑に絡まってしまいます。それはシンプルライフの対極です。

1つのことだけにじっくりと時間をかけて取り組んでみましょう。たとえば、テレビ見ながら雑誌も読む。これをやめて、1つ1つ切り離して行うのです。

Photo by THE 5TH / Unsplash

テレビや雑誌をしっかりと見れば新たな発見ができるかもしれません。忙しいなら1日1つだけでも、休みの日だけでもシンプルライフとして過ごしてはいかが?

ネガティブは引きずらず切り替える

人間だからポジティブなときもあれば、ネガティブなときもあります。どちらかと言うと、ネガティブなことの方が引きずってしまいますよね。イライラしたり、怒ったり、心配や不安、不満があったり…。

落ち込んでも良いですし、ネガティブな時間も大切です。しかし、ずっと囚われていると、いろんなことが滞ってしまいます。心も生活も。落ち込むときはとことん落ち込んで、その後は自分の中で切り替えましょう。

Photo by Jeremy Wong / Unsplash

「寝たら忘れる」とか「このイライラをカラオケにぶつけよう」とか「ハーブティーを飲んでまったりしよう」とか。自分なりの切り替えスイッチみたいなものを作るのがおすすめです。

強制はしても意味がない

あなたがシンプルライフを始めたくても、家族はどうでしょうか?モノをたくさん持っている方が好きな人もいます。シンプルライフを貫くために、家族の必要なものまで捨ててしまうのはやってはいけないことです。

家族が嫌ならあなたのスペースだけでシンプルライフを始めましょう。お互いの考えが一致するなら、一緒に取り組むのもありです。シンプルライフは絶対ではないので、強制はしないように。

暮らしはシンプルにいきましょう

Media?size=l
instagram.com

暮らしがシンプルになると、何をすべきなのか何がしたいのかが明確になり、それに対してまっすぐな姿勢で取り組めます。丁寧に暮らす、シンプルライフを始めませんか?

記事に関するお問い合わせ