無料の会員登録をすると
お気に入りができます

体をほぐして血流改善♡マッサージよりも効くストレッチ

血流改善と言えば思い浮かぶのがマッサージですね。でも、実はマッサージより効果が高いと言われているのがストレッチなんです。ここではその理由と体のパーツ別おすすめストレッチをご紹介します!

2017年7月
美容

伸ばして巡るやわらかボディー

マッサージをすると血流やリンパの流れが改善するのはよく知られていますが、ストレッチにも同じような効果が期待できます。

ただマッサージとストレッチの効果は少し違っており、目的によってはストレッチの方が向いている場合もあるんです。ここでは2つのメソッドの違いと、体のパーツ別おすすめストレッチをご紹介します。

ストレッチのメリット

ストレッチはほぼ運動

マッサージは凝った個所を局所的にほぐしますが、ストレッチは関節を曲げ伸ばししながらそのパーツの筋肉全体や近辺の筋肉にもアプローチできます。

つまりストレッチは軽い運動をしたのと似た状態。より大きな範囲での血行促進が期待できるのです。マッサージのメリットも活かしながら、2つを合わせて行うと最も効果的だと言われています。

詳しくはコチラ

手の届かないところもほぐせる!

内臓やインナーマッスルなどマッサージでは届きにくい場所でも、筋肉全体に効かせるストレッチならアプローチしやすいようなのです。

Pin it
ピンもと: mx.hola.com
1
2

逆によく手が届く場所は強くマッサージしがちですが、ストレッチなら気持ちの良いところで止められて加減を調節しやすく、また筋肉を均等にほぐせると言われています。

ストレッチのコツ

無理なく、リラックスして

ストレッチはリラックスした状態で行うのがベストです。ゆっくり呼吸をしながら、勢いをつけず無理のない範囲で行いましょう。筋肉が柔らかくなっているお風呂上がりに行うと効果的ですよ。

じわっと効くパーツ別ストレッチ8選

1.パソコン仕事の合間に!腕ストレッチ

腱鞘炎を予防するためにもパソコン仕事で固まった腕の筋肉をほぐし、血行をよくしましょう。オフィスでも簡単にできますよ。

①右手を前にまっすぐ伸ばし、手のひらを上に向ける
②左手で右手の指を押さえ手前に引く
③右手のひらを下に向けて、左手で右手の甲を押さえ手前に引く
④左手も同じように行う

2.固まりやすい首・肩ほぐし

Pin it
ピンもと: blog.nasm.org
11

①片方の手を背中に回し、反対の手を耳の横に添える
②手の重さを使って首を真横に倒す。上体が倒れないよう注意!
③反対側も同じように行う

上半身全体がじわっと温まる感じがしますよ。動画でもチェックしてみて下さいね。

3.しなやか背中のためのストレッチ

PINOKO

①四つん這いになり右手を真正面よりやや左側に寄せて置く
②お尻を後方に出し肩から背中、腰上辺りに伸びを感じながら自然呼吸で30秒ほどキープ
③反対側も同じように行う

上半身が片側ずつ引っ張られるような感じがして、とても気持ちが良いですよ。動画では正面からの絵も見ることができます。

4.骨盤周りをほぐして冷え解消!

骨盤周りの筋肉が緊張すると内臓の血流が悪くなり、冷えを招くと言われています。やがて末端の筋肉にも冷えが及ぶため、夏でも手足が冷たいという方には腰ねじりストレッチがおすすめです。

①体育座りから両膝を右向きに倒す
②右のかかとをお尻の左側につけて左足で右脚をまたぐ。

③立てている脚と同じ側へ上体をねじる
④背筋をしっかり伸ばして30秒キープ
⑤反対側も同じように行う

5.股関節ほぐしでむくみ解消

股関節が硬いと下半身が冷え、むくみやすく太りやすい体質になります。ヨガの「スリーピング・スワン」のポーズなら脚の付け根がじんわり温かくなるのが実感できますよ。

①四つん這いの姿勢で左足を曲げて前へ出し、右足は後ろへまっすぐ伸ばす
②骨盤を水平に保ちながらゆっくり上半身を前に倒す。
③足を入れ替え反対側も同じように行う

動画に丁寧な解説があるのでチェックしてみて下さいね。

6.お尻筋ほぐしで全身ケア

お尻の筋肉は大きい割りに簡単に動かせないので、固まりやすい場所でもあります。意識的に動かして血行を良くしましょう。

PINOKO

①あぐらで座った姿勢から右膝を立て左脚をまたいでももの前に持って行く
②両手で立てた右膝を抱え、ゆっくり手前に引っ張る
③反対側の脚も同じように行う

7.足踏みダウンドッグで脚から全身へ巡る

①四つん這いになり、膝をこぶし1個分ほど開く
②そのままつま先を立て、お尻を引き上げたらかかとを床に付ける(ダウンドッグのポーズ)目線は足と足の間かおへその辺りに合わせる
③膝は曲がっても良いので、おへそを下腹部の方に近付ける
④その体勢で足指の先を床につけたまま足踏みするような感じでかかとを上下させる

8.内臓を温めて代謝アップ!

内臓の血行が良くなると体温や代謝も上がりダイエット効果も期待できるようなんです。ヨガのキャット&カウのポーズを行ってみましょう。

Pin it
ピンもと: fitsugar.com
5

①四つん這いになり息を吸いながら背中を丸めて上げる。少しお腹に力を入れ5〜10秒キープ
②息を吐きながら背中の重さで腰をゆっくり反らしつつ顔を上げる。5〜10秒キープ
③①と②を3セット行う

健康に、しなやかに

血の巡りが良いと疲労感も少なく、代謝も上がって頭もスッキリ! ストレッチで毎日少しずつ血流を改善し、健康でしなやかなボディーを手に入れましょう。

Pin it
ピンもと: fler.cz
記事に関するお問い合わせ