無料の会員登録をすると
お気に入りができます

何度観てもおもしろい♡ジョニー・デップ出演のおすすめ映画

アメリカ出身の俳優ジョニー・デップ。彼の出演作品は個性的なものが多く、一度はまったら抜け出せない魅力を秘めています。道徳的なものからコメディまで、おすすめ映画を一挙にご紹介!

2017年7月
カルチャー

ジョニデがスクリーンで大暴れ

7月1日から公開された『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』。ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウが今作でも大活躍ですね。

www.disney.co.jp

ジョニー・デップが演じる役は、かなり個性的なものが多い印象です。そして、どの作品も素晴らしい出来!ぜひ、この機会に「パイレーツ〜」以外の作品にも目を向けてみてください。おすすめの8作をご紹介します。

ジョニー・デップの人生は波乱万丈

辛い子供時代を乗り越え、今の活躍がある

ジョニー・デップは1963年生まれの54歳。穏やかでない家庭環境の影響から、幼少期は自傷行為や飲酒、ドラッグに溺れるなど辛い時期を過ごしていた人です。

そんな自堕落な生活を改めたのは、親友の死がきっかけでした。自身も苦しんだ経験のあるドラッグや暴力をテーマにした作品にも積極的に参加し、現在の地位へと上り詰めます。

とっても気さくでファンサービスを大事にする人

人の辛い気持ちがわかるからこそ、ジョニー・デップは周りの人への気配りも上手。特に子どもたちには優しいと評判なんですよ。娘さんが入院していた病院へジャック・スパロウの格好で登場したこともありました。

格好良いだけでなく、中身も男前と評判のジョニー・デップ。演じる役は個性的なものが多いですが、彼だからこそできるのかもしれません。それでは、彼が出演した名作をチェックしてみましょう。

1.『チャーリーとチョコレート工場』

『チャーリーとチョコレート工場』は2005年に制作された作品で、ジョニー・デップはチョコレート工場の工場長ウィリー・ウォンカを演じています。家族愛や子どもへのしつけがテーマで、家族で楽しめる作品です。

バレンタイン時期になるとウォンカを思い出す人も多いのでは?本作に出てきた「ウォンカチョコレート」は、現在も販売されています。映画音楽もとってもかわいくて素敵♡親から子へと受け継がれる名作ですね。

チャーリーとチョコレート工場

¥ 1,574

チャーリーがチョコレート工場で観たもの、体験したこととは?とってもおいしそうなファンタジーには道徳や教訓も詰まっています。

商品詳細
チャーリーとチョコレート工場
www.amazon.co.jp
商品詳細

2.『シザーハンズ』

『シザーハンズ』は1990年に制作された作品。この頃からすでにジョニー・デップのファンタジー作への適性を感じられます。

人造人間エドワードは、両手がハサミという体。エドワードが人間たちと一緒に暮らしつつ、恋をするという物語なのですが...。今作の結末には色々な議論が交わされています。真実を知りたい人は観るべし!

シザーハンズ

¥ 927

両手がハサミの人造人間と人間の女の子の恋を描く作品。結末にあなたは納得できる?

商品詳細
シザーハンズ
www.amazon.co.jp
商品詳細

3.『ギルバート・グレイプ』

『ギルバート・グレイプ』は1993年の作品で、人によってはジョニー・デップを代表する映画だと言う人もいるほど。若かりし頃のジョニーを拝めるだけで幸せという声もあります。

Pin it
ピンもと: allmovie.com
1

知的障害を持つ弟、夫の死をきっかけに過食と肥満、引きこもりになってしまった母。2人の幼い妹たち。そんな家族を支える役をジョニー・デップが演じています。家族の在り方を考えさせられる社会派映画です。

ギルバート・グレイプ

¥ 3,790

レオナルド・ディカプリオとジョニー・デップが共演した夢の作品。家族を支える好青年をジョニー・デップが演じます。

商品詳細
ギルバート・グレイプ
www.amazon.co.jp
商品詳細

4.『アリス・イン・ワンダーランド』

『アリス・イン・ワンダーランド』は2010年に制作された作品で、『ふしぎの国のアリス』を原作としています。英語の時間に読んだアリスを映像で観られるのはうれしいですね。

Pin it
ピンもと: winnin.com
8

ジョニー・デップが演じるのは、帽子屋のマッドハッター。びっくりする容姿とかなり癖のある役ですが、彼以外には考えられないほどのハマり役。リアル不思議の国のアリスは楽しい作品に仕上がっています。

アリス・イン・ワンダーランド

¥ 1,500

ルイス・キャロルの名作がスクリーンで登場。お話もさることながら、衣装や音楽にも注目が集まった作品です。

商品詳細
アリス・イン・ワンダーランド
www.amazon.co.jp
商品詳細

5.『ブロウ』

『ブロウ』は2001年に制作された作品で、ジョニー・デップは実在した麻薬ブローカーの役を演じました。ペネロペ・クルスとの夫婦役も板につき、ダメ男っぷりが最高です。

Pin it
ピンもと: fanpop.com

「個性的な役をやらせたら右に出るものはいない」と言われる所以は、とにかくその役になりきってしまうからなんですよね。役者魂を感じさせる作品の1つです。

ブロウ

¥ 1,543

実在する麻薬の密売人を演じたジョニー・デップ。自身も麻薬に苦しんだ過去があるからこそ、リアリティが画面から感じられます。

商品詳細
ブロウ
www.amazon.co.jp
商品詳細

6.『ネバーランド』

『ネバーランド』は2004年に公開された作品で、ジョニー・デップは「ピーターパン」の作者ジェームズ・バリを演じています。実話を元にしたお話ということで、当時話題になりました。

「ピーターパン」が出来た作品の裏には、悲しい物語がありました。ファンタジーの世界は楽しいだけでなく、現実逃避の世界でもあるのです。そんなところも見どころです。

ネバーランド

¥ 1,433

いつもの風変わりな個性的な役とは一変、繊細な男性を演じているジョニー・デップ。等身大の男性の役も必見です。

商品詳細
ネバーランド
www.amazon.co.jp
商品詳細

7.『パブリック・エネミーズ』

『パブリック・エネミーズ』は2009年に制作された作品で、ジョニー・デップは実在した犯罪者ジョン・デリンジャーを演じています。

Pin it
ピンもと: etriggerz.com
1

いつもの役とは少し違ったテイストのジョニー。正義の犯罪者と名乗るだけあり、キザでクールな部分がぴったりはまっています。相手役のマリオン・コティヤールの美しさも必見です!

パブリック・エネミーズ

¥ 1,480

伝説の銀行強盗はキザでクールでかっこよかった?ジョン・デリンジャーが繰り広げるギャングアクション。

商品詳細
パブリック・エネミーズ
www.amazon.co.jp
商品詳細

8.『パイレーツ・オブ・カリビアン』

最後にご紹介するのは『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』。現在公開中の最新作です。

パイレーツシリーズもこれで5作品目。1作は2003年に制作されましたから、14年も同じ役を続けているということですね。今回ジャック・スパロウは一体どんな活躍をするのでしょう?それは観てのお楽しみです♡

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の詳細はコチラ

変幻自在なジョニー・デップを楽しもう

今やDVDやブルーレイがなくても、配信で観られる映画の数々。1作品100〜300円程度で鑑賞できます。ぜひこの機会にジョニー・デップの過去作品も色々チェックしてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ