無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「マロ眉」記者がリアルに挑戦! “消えない眉毛”アートメイク体験ルポ

平安時代のような「マロ眉毛」に悩むエディター・ぷり子が、噂の「アートメイク」に挑戦! 「一生消えないの?」「痛みはどのくらい?」といった不安と疑問を持ちつつも、美眉を求めて体当たりでトライ。その一部始終をレポートします。

2017年8月
美容

崖っぷちエディター・ぷり子(38歳)

LOCARI編集部で働くエディター・ぷり山ぷり子、38歳。なぜかまだアラサーと言って聞かないおとぼけ者。趣味は食べ歩きと昼寝、好きな言葉は「とりあえずビール」。そんなぷり子の最近の関心事は、ズバリ“若返り”。「なんだか最近、肌や髪にハリがなくなってきたような…白髪を見つけたら瞬時に抜いて、なかったことにしています!」 

美と若返りにかける執念は人一倍

「いつまでも若々しく美しく、キラキラ幸せでいたい…って気持ち、女なら誰でもありますよね!」と鼻の穴を広げるぷり子。40歳を目前に、どんな手を使ってでも美と幸せを掴みたい!と目を血走らせています。「この夏は新しい自分になって、エンジョイしてやるんだから!」忍び寄る老いの影に、さらに美への願望が強まっている様子。

目下の悩みは、「マロ眉」…

眉毛を抜いた自分を恨む

安室ちゃん世代のぷり子、思春期は細眉全盛期。中学生時代から眉毛をせっせと刈り取り、毛抜きでこまめに抜き続けること数年。地道で根暗な性格が災いしてか、気づけばいつしか眉尻は無毛地帯となり、めでたくマロ眉協会の会員に。

マロ眉だと困ることがいっぱい…

おしゃれも…

帽子は夏コーデの必須アイテムですが、マロ眉にとっては思わぬ強敵となる存在。しっかり眉毛を描いてお出かけしても、帽子で擦れて滲んだり消えたりしてしまいがち。

レジャーも…

夏のレジャーといえば海やプール。水辺では、眉毛が気づかぬうちに消えていることも。ぷり子も過去を振り返り、「いちばん過酷な状況だったのは、“泡フェス”です。大量の泡が降ってくる野外イベントで、ウォータープルーフのアイブロウも瞬殺でした…」と遠い目。

恋愛も…

「彼とお泊まりの時も、眉毛だけは常に描いていたんです。でも、混浴温泉の中ではダメでした…」とぷり子。「暗がりの中で私を見た彼は悲鳴を上げていました。あれから彼がよそよそしいような…」

記事に関するお問い合わせ