無料の会員登録をすると
お気に入りができます

寝る前3分ひねるだけ! ぽっこりお腹を解消する体幹ストレッチ

お気に入りの水着やボトムス、ぽっこり突き出たお腹のせいで可愛く着こなせない!そんな事態を避けるため、寝る前に3分ウエストをひねるだけでペタンコお腹を作れる「体幹ひねりストレッチ」をご紹介します。

2017年7月
美容

③息を吐きながら右膝を左側に倒す
④右手を左側に持ってくる。視線は肩口へ
体勢が辛い場合は、脚を乗せる位置を下げるか両脚とも膝を曲げてOKです。

3.歪みも治せる!くびれストレッチ

こちらは左右均等なくびれを作る上下ひねり。左右同じように上下にひねることで骨盤の歪みを治します。
①両脚両手を伸ばして床に座り、前に倒れる
②そのまま左右に上体をひねる。左右それぞれ3秒キープ

③3セットほど行い最後に肘が地面につくまで前屈してしばらくキープ
ひねりにくい方を多めに行うことで歪みが改善され、くびれが出てきます。

4.寝ころんでできる体幹ひねり

脚を左右に大きく倒して体幹をひねる動的ストレッチです。膝を伸ばしたまま行うのでダイナミックな動きになります。

①仰向けに寝て両手を左右に広げる
②片脚を上げ腰をひねって脚を床につける
③足を伸ばしたまま半円を描くように反対側の床にもつける。肩が浮かないよう注意

5.腰の深層筋ほぐしで美姿勢キープ

ぽっこり解消のために正しい姿勢の維持は必要不可欠。腰の横にある「腰方形筋」というインナーマッスルをほぐせば美姿勢をキープしやすく、またボディーラインも整いやすくなります。

①ベッドの上で横向きに寝て片脚をベッドの段差から落とし、わき腹からお尻にかけて伸びるのを実感する。
②伸びている側の骨盤の上辺りを親指で押し込むマッサージを行う。揉むようにして動かしてもOK

6.うつ伏せひねりで脇腹引締め

体を対角線上に引っ張るストレッチです。くびれに関係する脇腹の筋肉がよく伸びます。

①肘を曲げ床ににつけた状態でうつ伏せに寝る。
②片脚を真っ直ぐ上げ反対側へ体をひねる。できれば足の先を地面につける。肩が浮かないよう注意
③元の位置に戻って反対側の脚を上げ、脚の反対側へ体をひねる

記事に関するお問い合わせ