無料の会員登録をすると
お気に入りができます

上手にリード♡年下彼氏と長く付き合うためのコツ5つ

男性のほうが年下のカップルの場合、より大人である年上彼女には心得ておくべきことがいろいろあります。年上ならではの魅力を活かせれば、彼はあなたから離れられなくなるはず。ここでは、年下彼氏といつまでも仲むつまじくいるための秘訣をご紹介します。

2017年8月
恋愛・結婚

年上彼女は彼を上手にリードすべし

彼のほうが年下のカップルでは、彼女が年上の魅力をフルに活かし、彼にとって居心地のよい関係をつくることが大切です。さっそく、年上彼女として心得ておきたいことを見ていきましょう。

1 年齢を意識しすぎない

自分が年上だということを過剰に意識して、大人の女を演出してみたり、やたら彼を甘やかしたりするのは避けましょう。大人ぶって無理をしても、疲れるだけ。年齢のことは忘れ、ありのままの自分を見せてください。

自分が年上であることを引け目に思う必要はまったくありません。相性の良し悪しに年齢は関係ありませんし、彼はありのままのあなたを好きになってくれたのです。年齢もあなたの魅力の一つだと考えましょう。

2 あえて彼に甘えたり頼ったりする

年上彼女は「私のほうが年上なんだからしっかりしなきゃ」と気負ってしまいがちです。逆に彼氏のほうは、年下の分よけいにしっかりしたところを彼女に見せたいと思っているはずです。

年下彼氏だって男です。大好きな彼女には甘えたり頼ったりしてほしいのです。男性は女性から頼られることで喜びを感じ、男としての自信をつけていきます。頑張りすぎず、時には彼に甘えてみてくださいね。

3 彼に依存せず、精神的なゆとりを持つ

精神的に未熟な女性は彼氏にべったり依存したり、自己中心的になったり、常にかまってほしがったり、ワガママにふるまったりすることがあります。要求ばかりする女子と付き合っていると、彼氏は心身共に疲れます。

年上の強みは精神的な成熟です。大人の女性は夜中に彼を呼び出したり、急に不機嫌になったりして彼を振り回すようなことはしないはず。穏やかさやメンタルの安定、寛容さなど年上ならではの魅力を大切にしましょう。

大事なのは「大人の余裕」。些細なことで一喜一憂したり、不安になったりヒステリーを起こしたりするのは卒業しましょう。自分の要求を通すことばかり考えず、まず彼のことを思いやる心の余裕を忘れないでください。

4 彼にダメ出しをしない

人生経験が豊富な分、彼よりあなたのほうが何かと上手(うわて)のはず。レストランやプレゼントのチョイスをはじめ、彼のやることなすことについダメ出ししたくなることも多いのではないでしょうか。

記事に関するお問い合わせ