無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬が『不幸』を感じている時にする仕草や態度5選

大切な愛犬には、誰でも幸せに過ごして欲しいと思いますよね。しかし、どうしても100%幸せな生活を送らせてあげる事は難しいです。今回は、犬が『不幸』を感じている時にするストレスサインを紹介するので、これらの仕草や態度が見られたら、改善するきっかけとしましょう。

ペット

犬が『不幸』を感じている時にする仕草や態度とは?

犬は繊細な動物なので、起きた出来事に対して素直な気持ちを抱きます。そのため、ちょっとしたことで幸せを感じることもあれば、不幸を感じる事もあります。今回は犬が不幸を感じている時にする仕草や態度を解説していきます。

1.前足を舐め続ける

ふと愛犬を見ると、前足を夢中になって舐め続けていることはありませんか。犬が前足を舐めている時は、ストレスを紛らわそうとしている時です。

特に、飼い主に構ってもらえない、愛情不足を感じているという時に見せることが多いので、「今日はあまりかまってあげられていないな」「最近、仕事が忙しくてスキンシップをとっていなかった」と思い当たる節がある方は、愛犬との時間をたっぷり設けましょう。

あまりにも飼い主との触れ合いが足りないと、愛情を感じられずストレスが溜まってしまい、犬が不幸を感じてしまう原因となります。

2.飼い主の呼びかけに応じない

犬が不幸を感じている場合、飼い主に対する信頼も低下していることが多いため、飼い主が名前を呼んでも無視をしたり、ちらりとこちらに視線を送るだけでふいっと顔を背けてしまったり、素っ気ない態度を取ることがあります。

以前まではちゃんと名前を呼ぶとこちらを振り返ったり、近寄ってきてくれたのに、と愛犬の変化を感じたら、不幸を感じているサインかもしれません。

最近、愛犬ときちんと向き合い、愛犬だけと過ごす時間を怠っていないか、また愛犬が嫌がるようなことばかりしていないか、自身の行動を見直してみましょう。

3.頻繁にあくびする

眠い時にあくびをする犬も多いですが、眠そうではない時に頻繁にあくびをして見せるのは、退屈や不満を表すストレスサインの一種です。

人は深呼吸することで、不満や不安、緊張を紛らわせ、落ち着かせようとします。しかし、犬は深呼吸しません。その代わりに、あくびをすることでストレスを紛らわせ、気持ちを落ち着かせようとしているのです。

この仕草が頻繁に見られる場合は、ストレスを感じていることを意味しているので、そのまま放置してしまうと不幸を感じるようになってしまいます。事前にストレスの原因を探し、改善することで不幸を予防しましょう。

4.体を掻きむしる

犬は不満を感じている時に体を掻きむしる傾向があります。特に、前足で顔周りを軽く掻くような仕草を見せている時は、「それは違う」「やめて」「嫌だよ」といった不満を表しています。

前足で体を掻くような仕草を見せているにもかかわらず、愛犬が嫌がることをやめない場合、信頼が低下してしまったり、「飼い主さんは僕のことをわかってくれない」と不幸を感じ、諦められてしまう原因にもなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ