無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マツコ3密対策に奔走 事務所でマスク2万枚を特注していた

エンタメ
すべての画像を見る

「マツコさんは新型コロナウィルスの感染拡大をかなり初期から警戒していて、『テレビ局のスタジオは3密状態だから、早く対策しないといけない』と話していたんです。付き合いのあるテレビ局関係者に『うちの事務所のロゴ付きだから!』と配っていました」

そう語るのは、テレビ局関係者。マツコ・デラックス(47)が配っていたというのは、所属事務所「ナチュラル・エイト」の印がパッケージについた特製マスクフィルターだ。

ウィルスの浸透を抑制する天然酵素フィルタと、花粉や匂いを吸着する球状活性炭フィルタの2重構造。マスクにフィルタをセットするタイプで、現場でも話題になっていたという。マスクフィルターの製作関係者はこう語る。

「ナチュラル・エイトさんからご注文があったのは、今年の3月くらいからだそうです。

実は約1年前にマスクフィルターの製作会社が別件で飛び込み営業でマツコさんの事務所に行ったそうですが、そのときはむしろ怒られてしまったそうで……。しかし今回、再び持っていくと今度は“これ、面白いじゃない”となって。

そして“テレビ局も困っているので”と言われてとんとん拍子に話が進み、“箱にナチュラルエイトと名前を入れてほしい”ということに。それを無料で各関係者に配ったようです」

マツコが出演する番組スタッフも、配られたマスクフィルターを付けているという。

「マツコさんが番組スタッフに差し上げたそうです。事務所の最寄りの駅員さんにも配られたそうですよ。“番組スタッフさんも駅員さんも、皆さんにお世話になっているから、配るんだ”ということをおっしゃっていたそうです。マツコさんの“真心”だと思います。

事務所からは4カ月くらい毎月、1回に5千枚くらいの注文があったそうです。ただナチュラル・エイトさんはいっさい、販売されていません。会社側がマスクフィルター以外にもいろんな商品を提案したところ、『うちは商品を売るということはしないので!』と言って断られたそうです。

純粋に“お世話になった方々に少しでもご恩返しを”という気持ちだったようですね」

マツコの事務所はリストラを始めているとも伝えられているが……。コロナ対策ではタレント&スタッフとも一丸となって取り組んでいたようだ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ